人気ブログランキング |

コメントについて

前回のマルディグラ・イベント「Fair Day/フェアー・デー」についてのコメントですが、今後、人物が推定できるような名前などが載ってた場合、こちらで削除することにします。

不特定多数の方が見られるブログなので、やはり個人名が載ってしまうのは問題があると思われるので、今後はよろしくお願いします。

また、人物の写った写真で削除の依頼があれば、できるだけ速やかに対処します。削除希望の方は、メールで連絡ください。

通常ですと人物の写った写真は、できるだけ小さく載せて、特定できないようにしていたのですが、今回は、写真撮影の許可もとっていたので、ちょっと大きめにしてしまった自分の責任でもあります。


コメントは、承認制にもできるのですが、やはりブログということもあり、誰でもが投稿できるようになっています。

自分もコメントにはできるだけ注意を払っていますが、毎日毎晩チェックしているわけではないです。

今回、自分が対応する前に、このブログを見てくださってる方同士で解決していだき、ありがとうございました。

以前もありましたが、何か問題があった場合に、このブログを見てくださる方から指摘があり、またそれに対して対処していただいたのは、このブログがそういった「善き人」に支えられていることが実感できて、大変嬉しかったです。

指摘していただいたMさん、それに気持ちよく対応してただいたLouisさん、ありがとうございました。

このところコメントの返事も遅れがちですが、今後もコメントをお願いします。

by funnyfelix | 2011-02-28 11:59 | まずはココから

はじまりました!マルディグラ2011/Fair Day

今年も「マルディグラ」のシーズンとなりました。

(「マルディグラ」って、なに?って方は、過去のレポートを参照してください。200520062007200820092010

って、今年は「ガイドブック」の発行も、通常より1カ月ほど遅く、1月の下旬になってようやく配布開始。

その、毎年紹介している「ガイドブック」を含め、キー・イベントの紹介は次回、ってことで、先に今日行われた「フェア・デー」を紹介。

毎年、7万人以上の来場者で、会場のビクトリア・パークには、ゲイやレズビアンの関するブースが並び、メイン・ステージではライブなど、様々なショーが行われ、ピクニック気分で、芝生の上でくつろぎながら1日を過ごす、ってことで「マルディグラ」の数あるイベントの中でも大好きなイベントの1つ。

ブースには、ベアー・コニュニティーから様々なスポーツ関係のチームに、レインボー・グッズの販売や、ゲイ受けしそうな下着の販売ブースなど、シドニーのゲイ・コニュニティーが大集合!って感じ。

ま、大きなイベントなので、多くの人が集まってくるので、久しぶりの友達のとの再会とか、興味あるコニュニティーと直接話をする機会もあり、半日ぐらいは十分に楽しめます!

会場内では、ドラァグ・クイーンが歩いていたり、超マッチョでしかも上半身裸のお兄ちゃんが歩いていたり、人を見るだけでも、かなり面白いです。

昔の「開幕式/Launch」のような、オープニングのイベントがなくなって、実質、今日行われた「フェア・デー」が「マルディグラ」の開幕イベントとなり、(実際には昨日の2月19日からイベントが始まっていますが)今年も天候に恵まれ、多くのゲイやレズビアンが訪れ、大成功に終了しました。

って、ここ最近落ちついていた猛暑ですが、昨日あたりから、また暑さがぶりかえし、今日もかなり暑い1日となりました。

このクソ暑いのにお出かけか?とも思ったけど、もともとクーラーのない我が家、家にいても暑いだけ!ってことで今年も行ってきました「フェア・デー」

今年の会場には、乗り物系が今までより大掛かりなものが登場して、ゲイのお兄さんがワーキャー言いながら盛り上がっていました。

って個人的には、こういった設置や移動が簡単な絶叫系って、ある意味、かなり怖いな、と。

a0030752_22105843.jpg


ダンス・パーティーも、やはり衣装には、気を使いたいもの。

で、会場内でも女の子のセクシーな衣装も売っていたけど、やはり、一番はプリント柄の下着!

それも和柄!

これは、下着パーティーに行くんだったら、ぜひ!って感じ。

a0030752_22112921.jpg


ペットの犬が大集合するのも毎年の光景。

ライフセーバーから、サン・スクリーンを塗ってくれるサービスも!?

って、「Google」もブースを出していて、そのバナーが可愛かった!

a0030752_22114765.jpg


毎年パレードのトップを飾る「ダイクス・オン・バイク」のバイクの展示や、すっかり有名な「熊さんの木」には、でっかい熊の旗!この写真を撮った時は早い時間だったから、あまり人もいなかったけど、昼過ぎには木の下には熊さんでビッシリ!

去年もあった、ボールの的当て。的にボールが当たると、座っているお兄ちゃんが水タンクへドボン!お兄ちゃんってところがゲイ・イベント!

a0030752_2212848.jpg


また、会場には、いろーんな人がいて、素人さんからプロの方、マルディグラの他のイベントに出演される方、ボランティア、まさにマッスル・ベアー!まで。

ドラァグ・クイーンは、気軽に撮影に応じてくれるので、2ショットもOK。

a0030752_22123239.jpg


ってことで、今年もはじまった「マルディグラ」、できるだけレポートします!

by funnyfelix | 2011-02-20 22:12 | Mardi Gras 11

Just the way you are

ちょっとのすれ違い

ちょっとの行き違い

ちょっとの気持ちの違い

ちょっとの「ちょっとしたこと」が積み重なると

とんでもないことになって

今さらながら「ワカレル」なんて言葉も出てきて…

なんだか週末の最後の最後で「大喧嘩」

ま、カップルなので「喧嘩」は付き物

もう、「喧嘩」も慣れてきちゃってマジで怒る気にもならないんだけど

相手は真剣

…ほんとに?

気まずい月曜

でもって、バレンタイン・デー

愛の日

街には薔薇の花が溢れ

ちょっと遅めに帰ってくると夕飯がテーブルに

このままグタグタにしたくなくて

昼休みに買ってきたCD

ソッと差し出し

ゴメン



Because you're amazing, just the way you are




a0030752_2041944.jpg

by funnyfelix | 2011-02-14 20:42 | g-life

やっと来ました「クール・チェンジ」

a0030752_20481761.jpg


ここ数日、酷暑だったシドニー。

土曜日は気温40度超えで、夜になっても気温が下がらず、扇風機回しっぱなし!

体に良くないのはわかるけど、タイマーで扇風機が止まると…

暑さで目覚める!

朝起きると、体の形にシーツが汗で濡れているし…

で、天気予報で日曜の午後には「クール・チェンジ」ってことで、今か今かと待っていたら、来ました「クール・チェンジ」

40度超えは、何度も体験していて、そのたびに「クール・チェンジ」で一気に20度近く下がって、この極端な気温の下がり方に毎回ビックリ。

ま、「気温40度超え」も突然やってきて、また突然やってくる「クール・チェンジ」で1日ぐらいで平温に戻るんだけど、今回は数日も暑い日が続いたので、かなりグロッキー。

もう1日に何度も水シャワー。

で、シャンプーなんかを手に取ると…

熱い!

建物も40度を超えていて、触る物がすべて熱い!

今回、よかったのは「クール・チェンジ」が午後からだったので、夜には建物も冷えて、今晩はグッスり眠れそう。

いつもだと、日が沈んでからの「クール・チェンジ」で、夜になっても、気温は下がっても、建物全体はまだ熱をもってるので、かなり寝苦しかった。

で、その「クール・チェンジ」

嵐のような突風とともに、熱い空気を一掃!

サウナの中を歩いているような「気温40度超え」体験も凄いけど、この「クール・チェンジ」って、日本ではあまり体験したことなかったので、唯一、暑い日があった時の楽しみ。

今までのあの熱い空気はどこいっちゃたの?ってぐらい、冷たい空気の風が吹きまくって、まさに一掃、って感じ。

ま、これで寝苦しい夜ともさよなら、なんだけど、一気に気温が20度近く下がるから、体調が心配…

特に今回は、暑い日が長かっただけに、体に影響がでないか心配。

今晩は早めにベッドに行って十分な睡眠をとって、来週に備えます。

by funnyfelix | 2011-02-06 20:48 | g-life

幻想の光の迷路へトリップ!/MIRAZOZO

a0030752_1713647.jpg


シドニーのアイコン、オペラハウス前に登場したシルバーのエア・ドーム。

ポコポコとした、なんともカワイイ形態だけど、中に入ってみてビックリ!

そこには、原色の世界にストライプが入り交じった幻想的な空間が広がっていたっ!

って、コレ、先月の1月3日から27日まで公開されていたアート・スカルプチャー「MIRAZOZO」。

イギリスの「Architects of Air」というアーティスト集団によって生み出された、光や色の美しさを感じることのできるスカルプチャーで、中に入って実際に体験するアート。

まず入り口で靴を脱いで入場。

入り口から入ってすぐの真っ赤な部屋で、スタッフから「内部では寝そべってもいいし、ゆっくりと光の空間を楽しんで!」という説明と、「エア・ドームなので鋭利なもので穴を開けないように」と注意事項を聞いてから、後は自由に内部を見学。

a0030752_1714588.jpg


内部はいくつかの部屋に別れていて、それをまた小さな通路がつないでいて、まるで光の迷路のよう。

それも様々な色がグラデーションのように重なり合っている。

さらに、環境音楽が流れていて、エア・ドームを背にくつろいでいると、不思議な心地よさを感じる。

光の直線が、先日見た映画「トロン・レガシー」っぽいんだけど、映画のようなシャープなイメージではなく、もっと柔らかなやさしい感じ。

風が吹くとホール全体が揺れたりするのもおもしろかった。

この内部の光は、すべて自然光なので、暗くなる日没前にはクローズ。

天気によって光が変化するけど、行った日は、快晴だったので、内部はかなり明るく、やや蒸し暑かったけど、時間を忘れていつまでもボーっとしていたくなるほど。

で、1992年から始まったこのプロジェクト、37カ国で行われたそうで、今回、シドニーに来たのは「MIRAZOZO」と呼ばれるスカルプチャー。

他にもいくつかの種類があって、「Levity」と呼ばれるスカルプチャーは、今年の11月20からパースで公開予定だそう。

調べた限りでは日本では、まだのよう。

もし、将来日本でも公開されるようだったら、ぜひ!

a0030752_1715353.jpg


Architects of Air

by funnyfelix | 2011-02-03 17:03 | syd-event

再開です!

すみません「更新」まったくできず、でした。(コメントの返事も遅くなってしまって、すみません)

また、今日から再開です。

年明けからは、クィーンズランド州での大洪水。

20名以上の方が亡くなられた大災害。

ブリスベンに住む友人も、住宅が浸水して大変だったようです。

Joeの家族もクィーンズランドに住んでいるんですが、彼らたちは幸いに洪水の被害は無く、ボランティアに参加していました。

そして、今夜からは大きいなサイクロンが、ケアンズの南のあたりに上陸するようで、ほんとクィーンズランド州、踏んだり蹴ったり、って感じです。

シドニーも、昨日から30度を越す猛暑で、一部の地域では40度超えみたいで、一般の民家ではクーラーの普及率も低く眠れない夜を過ごした人も多かったのでは?

もちろん、自分のフラットにもクーラーはなく、扇風機1台でなんとかやり過ごしました…

部屋の気温も上昇して、コンピューターが暴走しないか心配…

で、更新できなかった理由の1つが、「調べもの」

実は、まだまだ先なんですが、今年のJoeとの旅行が決まって、そのためにホテルとかいろいろ調べていました。

Joeからは「時間に余裕があるんだからいい加減にしろ!」って怒られたぐらい、毎晩インターネットで検索。

自分でも、ちょっと異常、って思ってしまうほど…

中毒、って感じで…

ま、逆にJoeからも言われたけど、旅行って、プランを立てている時間が一番楽しい時間でもあったりするので、寝不足でもあまり気にならなかったけど。

で、その行き先は…

アメリカ!

ニューヨーク!!

ついでに、サンフランシスコも!

ま、Joeも自分も初めてではないんですが、最後に行ったのは大昔、って感じで、あの「治安の悪かったニューヨーク」のイメージしかないので、今調べていてもずいぶんと変わっているようなので、今から楽しみしています。

「HAWAII GAZE」「ASIA GAZE」に続いて「AMERICA GAZE」もお届けできるかと、って、まだまだ先ですが。

って、ことで、また「SYDNEY GAZE」再開します。

a0030752_9201413.jpg

by funnyfelix | 2011-02-02 09:22 | g-life