人気ブログランキング |

Sideways/サイドウェイ

a0030752_1533756.jpg2年前に別れた女房を今だ忘れられない冴えない中年男のマイルズ。彼は親友のTV俳優ジャックが1週間後に結婚することになり、彼を連れて2人でカリフォルニアのワイナリーに出かける。ジャックは、結婚前で、これが最後の女遊びができるチャンスと期待するのだが…。

主演のポール・ジアマッティが最高!

こういったダメ男を演じさせれば、彼の右に出る者はいないだろう。とにかく、ダメ中年、って感じで、頭は薄いし背も低いし、そんでもって中年太り!まったく女性にもてないんだけど、ワインについてはプロ並みの批評眼を持っていて、まさしく中年オタク。

監督は「アバウト・シュミット」のアレクサンダー・ペインなんだけど、「アバウト・シュミット」では、シニカルで、ちょっと突き放したような感じだったのが、今回は大違い!こんなダメ中年に対して、温かな目を向けている。ラスト−シーンも大好き!

やっぱ、自分の歳と主演の2人の年齢が近いせいか、すっごく共感してしまった。まだ、「人生」や「将来」なんて事を考えもしなかった20代の自分がこの映画を見ても、ここまでは感動はしなかっただろう。

そう、「人生」なんて思った通りにはならないものだし、長いようで短い…。でも、まあそこが面白いところでもあるんだけど、完全な負け組のマイルズ…、ほんと何もないんだよね。あるのはワインに対する情熱のみ。でも、そんなもの持ってても、日々の生活ではなんの助けにもならないんだよね。

だから、マイルズの前に現れたマヤという女性とのピュアなラブ・ストーリーは、いじらしくて泣けてくる。

とにかくすこぶる評判がいいんだけど、逆に噂では「そんなにいい映画ではなくて、過大評価されてる」ってことで、アカデミー賞ではポール・ジアマッティが主演男優賞のノミネートから外されたらしい。かわりにクリント・イーストウッドが入ったそう。このあたりが、いかにもハリウッドって感じがする。ヒットしたり、すっごくいい評価を受けたからって、妬んだってしょうがないでしょう!

でもまあ、これだけ話題になったお陰で、日本公開が3月に決定したそう!よかった!作品の規模や、出演者たちの顔ぶれから言っても、日本での一般上映って難しそうだったから。

今年の自分のベスト10ムービーには必ず入る映画だと思う。

by funnyfelix | 2005-01-30 15:35 | movie

週末ビーチ・ライフ/Hyams Beach

シドニーから車で南に下って2時間半のところにあるのがジャービス・ベイ。

大きな入江になっていて、ここではイルカ・ウォッチングができる!イルカというと、ポートスティーブンス、ってイメージが強いけど、ここジャービス・ベイでも、しっかりイルカが見える。時期によってはクジラも可!

日本ではあまり聞かない土地だが、シドニーでは手軽にホリデー気分が味わえるビーチ・リゾートとして有名。まあ、リゾートって言っても何もないところ、でもそこがイイ!

その中でも特に有名なのが、ハイアムス・ビーチ!

a0030752_1151851.jpg


なんと「世界で一番白い砂浜」だそうだ。まあ、ほんとに世界で一番か?ってことは置いといて、このビーチ、マジで真っ白で綺麗です!昼間にビーチを歩いたけど、砂があまりに白く、その反射光のせいで眩しくて目が開けられない状態。ほんと「目が焼ける!」って感じ。サングラスはマスト・アイテム!

と、このビーチに行って来たんですが、日帰りじゃ勿体無い、ってことで週末を利用した1泊2日。

このハイアムス・ビーチ、「世界で一番白い砂浜」って言う割には本当にホテルもなく、キャンプ場がある程度。しかもカフェも1軒しかない!そこがポートスティーブンスと違って、まさに静かなリゾート。

で、自分達が泊まったのが日本で言う貸別荘。シドニーではポピュラーで、特にこのハイアムス・ビーチにはホテルの代わりに数多くの貸別荘がある。今回は3ベッド・ルームで、6人で泊まったけど、十分な広さのリビングに、広い庭。おまけに卓球台まである!

a0030752_1163296.jpg


自分とJoeは、土曜の朝イチで「フィッシュ・マーケット」で、茹でエビやベイビー・オクトパスを買ってからハイアムス・ビーチへ向かった。途中にはブローホールで有名なカイアマや、かわいい小さな街ベリーなんてあるんだけど、今回はどこへも寄らずハイアムス・ビーチへ。

昼前には着いたけど、すでに何人かの友達は前日から泊まっていて、別に何するわけでもなく、サンデッキで本読んだり、気が向いたら歩いて1分のビーチまで行ったり、まさにダラダラ!

a0030752_1172951.jpg


シドニーでは見ないカラフルな鳥やクッカバラが、サンデッキまでやってきたり、まさにリゾート気分。

a0030752_1181199.jpg


「ウ〜ン、幸せ!」

夕方になって、スーパーまで野菜なんかの買い出しをして、夕飯の準備。やっぱ、みんなでビール片手にワイワイ言いながら料理を作るのは楽しい!

a0030752_119456.jpg


当然のことながらメニューはカレー。でも、今回はエビがあったのでシーフード・カレー!それにBBQオクトパス・サラダ。ついでにサーモンも買ってあったので、ムニエルにしてガーリック醤油のソースをかけて、まさに豪華な夕食。それにキリッと冷えたタスマニア産のスパークリング・ワイン!

a0030752_1193541.jpg


カレーはしっかりシーフードのダシが効いて、マジで旨かったし、スパークリング・ワインもシーフードにぴったり。そして、食後は友達がシドニーから来る時に、途中で買ってきたチョコレート・ケーキと苺のケーキ!これも激ウマ!

a0030752_1110213.jpg


「ウ〜ン、幸せ!」

次の日はちょっと早く起きてJoeと二人でビーチへ。

a0030752_11103817.jpg


まだ朝の日射しで、昼間の目も開けられない強烈な照り返しがなく、しかもちょっと冷えた風が吹いていて、ほんと気持ちいい。二人でビーチを散歩した後、Joeは、カフェにコーヒーを飲みに行って、自分はしばらくビーチに残って横になった。日射しもまだ優しく、吹く風も心地よく、まさに天国!目を開ければ、真っ白な砂浜と、エメラルド・グリーンの海…。ちょっと泳いだけど、水温も初めは冷たかったけど、慣れてしまえば気持ちいいぐらい。

「ウ〜ン、幸せ!」

午後はみんなでブッシュ・ウォーキングをしながら、別のビーチへ。この辺りは国立公園になっていて、グリーンもいっぱい。今回は見られなかったけど、カンガルーやポッサムなどの野生動物が数多く生息している。もう少し南下すると、カンガルーがいるビーチがあるほど。

a0030752_11111428.jpg


残念ながら、次の日は仕事なので夕方にはハイアムス・ビーチを後にしたけど、帰りは渋滞もなくアッと言う間にシドニー到着。

貸別荘の料金は決して安くはないけれど、人数が集まればホテルに泊まるより安い金額。ジャービス・ベイは手軽にビーチ・ライフが楽しめるし、何と言ってもこれだけ綺麗なビーチは見ておくべき!ぜひ、泊まりで!


ハイアムス・ビーチの貸別荘のサイト

by funnyfelix | 2005-01-27 11:15 | short trip

The Newtown Hotel/ゲイ・バー

シドニーで、ゲイ・ストリートと言えばオックフォード・ストリート。でも、個人的にお気に入りはもう1つのゲイ・エリア、ニュータウン!

オックフォード・ストリートは、ストレートのクラブが多くなってきてるし、通りにあるお店もそんなに魅力的ではない。でも、ニュータウンのキング・ストリートは、お洒落なレストランから、手軽なタイ・レストラン、雑貨屋さん、お茶屋さんと、1日通りをブラブラしても飽きない程、おもしろいレストランやショップがいっぱい。まあ、ゲイ・エリアって言うよりは、ゲイ・フレンドリーなエリア。

通りは、ゲイからレズビアン、家族連れ、ストレートのカップルと、いろんな人たちが歩いている。

で、そのニュータウンにあるゲイ・バーが、The Newtown Hotel。このエリアにはもう1軒ゲイ・バーがあって、ゲイの人も多く住んでいる。

なんと言っても、このバー、ローカルな雰囲気がよくて、ちょっとお豆腐買いに出たついでに、ビール1杯ひっかけにきました、なんて感じの人が飲んでいる。どっちかって言うとオックフォード・ストリートは、お洒落して、まさに飲みに行く、って感じなんだけど、ニュータウンは、もっと気軽!Down to Earthな感じ!

以前は踊れるスペースがあったけど、最近そこを潰してプール(ビリヤード台)スペースになった。だから、踊りに来る、ってよりはワイワイ喋りに来てる人がほとんど。まあ、ここも音楽ガンガンだけど、怒鳴る程ではない。

で、ここの一番のお薦めが、ドラァグ・クイーンのショー!

久しぶりに金曜の夜にJoeとともにやってきたんだけど、やっぱ面白い!何故だか自分、このドラァグ・クイーンのショーが大好きで、Joeからは「女装願望があるからだ!」なんて言われてるんだけど、どっちかって言うと、華やかなショー自体に惹かれてると思う。それに、見ていて楽しいし!

でも、最近のドラァグ・クイーンのショーは、ドラァグ・クイーンが生でマイク持って歌ったり、激しいダンスがメインだったり、ちょっと自分の見たいショーから外れてることが多い。

で、この日のショーは、まさに自分が見たかったショー!

a0030752_23521013.jpgいきなり出てきたドラァグ・クイーン、このグリーンのドレス!そう、以前紹介した、今シドニーでみんなが持っている、あのエコ・バッグでできている!早速こうした物に目をつけてドレスを作ってしまうセンスは、さすがドラァグ・クイーン!胸に「Go Green」なんて書いてあったりして。これで、大笑い!

その後も、派手な衣装やおかしな振り付けで大爆笑!久しぶりに笑える楽しいショーを見た。ドラァグ・クイーンのショーはこうでなけりゃ!

The Newtown Hotelのドラァグ・クイーンのショー、週末は夜10時と11時の2回。平日でもショーやイベントが行われている。最近カウンターの中にレズビアンの女の子が入っていて、お客さんもレズビアンの人が増えたような気がする。でも、ほとんどはローカルの30代〜のゲイの人が多い。アジア系はやっぱ少ない。

ちょっと観光、って感じではないけど、時間があるんだったら、ぜひプラッと通りを歩いてみることをお薦めするニュータウン。シティからはタクシーで15ドル程度。バスも電車でもOK!


a0030752_23514388.jpg


<追記ー残念ながら閉店しました!>

The Newtown Hotel
174 King St., Newtown
Phone: (02) 9557 1329

by funnyfelix | 2005-01-26 01:00 | g-pub

[DVD] The Station Agent

a0030752_1543619.jpgこの映画も1年ほど前に見て、昨年のベスト5に入る、お気に入りの映画。

今回もこの映画をJoeに見せたくて、レンタルしてきました。

ストーリーは鉄道模型屋で働く小人症のフィンが主人公。彼は唯一の友達でもあったオーナーが亡くなり、彼の不動産を相続する。それはニュージャージーの田舎町にある使われなくなった元駅舎だった。彼は町を去り、廃墟となった駅舎に住まいを移す…。

前回紹介した「エターナル・サンシャイン」が変化球なら、これはまさに直球!心を開かなかったフィンが、移動ホットドック屋のジョーや、画家のオリビアと知り合うようになり、しだいに変化していく姿を、淡々と描いてる。

特撮もなければ、ツイストの効いたストーリー展開もない。でも、あざとさもなく、どことなくユーモアがあり、見ていて非常に心地いい映画。

2003年度のサンダンス映画祭で、脚本賞と観客賞を受賞しているのも納得!

人間関係で疲れてる時に見ると、まるで、ささくれだった心に塗り薬を塗られてるような感じ。ふとしたことで人間関係がギクシャクしたり、それがまたフッと元に戻ったり…。

感動作ではなくではなく、ホノボノ系の作品。

日本では未公開で、ビデオでも発売されてない。これ、絶対、口コミでヒットしそうな映画なのに残念…。何かの機会で見れるチャンスがあれば、見ておいて損はない映画!


a0030752_15433698.jpg<イケメン・チェック> ボビー・カナヴェイル
ホットドック屋のジョー役の彼。イタリア系の気のいいお兄ちゃん!ちょっと濃い系の顔で、笑顔がかわいい!「サード・ウォッチ」とか、「アリー・myラブ」とかテレビ・ドラマに出演してることが多いけど、最近ではアメリカ・リメイク版の「Shall We Dance?」にリチャード・ギアのダンス教室の同僚で出演していた。でも、やっぱこの「The Station Agent」の彼が、素朴そうで好き。ついでに画家のオリビア役のパトリシア・クラークソンも、すっごくよかった!

by funnyfelix | 2005-01-25 15:43 | cd/dvd

The Colombian Hotel/ゲイ・バー

a0030752_7124481.jpg


2002年のゲイ・ゲームス開催直前にオープンした、シドニーで一番お洒落なゲイ・バー。

場所は、オックスフォード・ストリートとクラウン・ストリートが交差したところで、元銀行だった建物をリノベーションしたもの。

ここの一番の特徴は、オックスフォード・ストリートに面した大きな窓。窓の手前はカウンターになっていて、みんな外を見ながらビールを飲んでいる。だから、この前を通る時は、カウンターの人の視線をビシビシ感じる。

最近オープンしただけあって内装もお洒落で、シドニーの他のゲイ・バーと比べても雰囲気はかなり違う。客層はかなりバラバラ。でもアジア系は少ない。

ちょっと雰囲気変えたい時とか、友達が来た時なんかに連れてくことが多い。



The Colombian Hotel
117 Oxford St., Darlinghurst
Phone (02) 9360 2151

by funnyfelix | 2005-01-24 07:12 | g-pub

プレゼントに困ったら…Flaschengeist!

a0030752_10104256.jpg

シドニーで生活していて、多いのがディナー・パーティ。お友達の家でディナーを食べるのだが、ちゃんとダイニング・テーブルに着席して、前菜からデザートまで、まるでレストランで食事をしている感じ。

で、この時に飲み物持参ってパターンが多く、普通はワインなどを持参するのだが、ちょっと変わったプレゼントとして喜ばれそうなのが、ここFlaschengeist!これまた以前紹介したボンダイ・ジャンクションにあるWestfield Shoppig Centre内。

この店、一口で言っちゃえば「リキュールなどを量り売りするリキッド・ショップ」。

店内には、おっきなガラスの壺がいっぱい置いてあって、それらにウィスキー、ポートワイン、ビネガー、オイル、リキュールなどが詰められている。その色がカラフルで、バック・ライトの照明もあって、見ているだけでも綺麗!でも、見ているだけではなく、ここでは全種類のリキッドがテイスティング可能!

パションフルーツ・リキュールや、ピーカン&ヘーゼルナッツ・リキュールなんてのもあって、どれも美味しい〜。

で、これぞ!ってものが見つかったら、次はボトルのチョイス。これまた好きな形やサイズのボトルを選んで、それに詰めてもらえる。

ドイツ生まれで、オーストラリアをはじめ世界展開してるけど、日本にはまだ未上陸なので、日本へのお土産にもいいかも。

リキュール類は色も綺麗なので、そちらの方に目がいってしまうが、オーガニックのエクストラ・バージン・オリーブ・オイルはバジルやトリフってもあるし、ホワイト・バルサミコ・ビネガーなんてのもあって、料理好きの人へのプレゼントにもピッタリ。

もちろん食後に飲むピーチ・ブランデーなんてのもあって、まさにディナー・パーティに持参すれば話題になること間違いなし!

a0030752_10112019.jpg

Flaschengeist
Shop 1043, Westfield Bondi Junction Shopping Centre
500 Oxford St, Bondi Junction
Phone (02) 9389 7977

by funnyfelix | 2005-01-21 10:14 | syd-buy

プレゼントに困ったら…PAPAYA!

a0030752_9515325.jpg


シドニーで生活していて、多いのがバースデー・パーティ。まあ、みんなで集まって手頃なレストランで食事、ってパターンなんだけど、バースデーってことで、プレゼントを持参することになる。

このプレゼントが、いつも頭を悩ます。その人の趣味とか、興味のあるものが明確な場合は簡単なんだけど、特にコレってのがない人だと、一体何が喜んでもらえるのか、お店をフラフラと廻りながら、時間だけがたって、結局何も買えずに帰ってくることも…。しかも、プレゼントって、送り主のセンスがまる分かりになってしまうから、あまりいい加減な物は送れない。プレゼントは速攻開けられて、みんなにお披露目するしね。

で、そんな時に助けてくれるのがこのショップ!PAPAYA!

場所は、以前紹介したボンダイ・ジャンクションにあるWestfield Shoppig Centre。このMYER側の5階にあるのがこのホームウエアー・ショップ「PAPAYA」。家具からステーショナリー、キャンドルなどの小物まで揃っていて、上品なデザインでまとめられている。まさに、プレゼントにぴったり!

なんて言いながら、友達のプレゼントを買ったついでに、自分も素焼きのオーナメントをゲット。白の雪の結晶のデザインで、これに付属のフレグランスをスプレーするもの。落着いたいい香りで、早速このオーナメントを、洗面台のミラーの横に飾った。夜中にトイレに行った時なんか、フッと優しい香りがして、いいかんじ!

商品もナチュラルで、ちょっとエスニックな感じなんだけど、エスニック系にありがちなチープさがなく洗練されたイメージ。

で、最近問題になってる、東南アジアなどで、安い賃金や悲惨な労働条件で未成年を働かすブランドがあるそうだが、この「PAPAYA」ではそういったことがないよう注意をはらっているそう。

木の枝で織られたランチャンマットとか綺麗な色のキャンドル・ホルダーなど、見ているだけでも楽しいショップ。友達のプレゼントを買うつもりが、ついつい自分の分まで買ってしまうのが欠点か?
a0030752_9521545.jpg


PAPAYA
Shop 5015 Level 5 Westfield Bondi Junction
500 Oxford St., Bondi Junction
Phone (02) 9386 9980

by funnyfelix | 2005-01-20 09:54 | syd-buy

美味しい水/Brita

a0030752_942659.jpgこちらに来て生活を始め、最初に買ったのが、電子レンジでご飯が炊けるポットと、このBritaの浄水器。来て間もない頃、友達の家にこれがあって、デザインも好きだったし、なによりその水が美味しかったから。それからは毎日使っていて、水道水を直接飲むことは、ほぼなくなった。

たまに、カフェなんか行って水を頼むと(ただの水、ミネラル・ウォーターじゃなくて)その不味さに驚くぐらい。

もとはドイツの企業で、使い方はポット上部に水道水を注ぎ、あとは待つだけ。日本では、蛇口に直接取り付ける浄水器を使っていて、あれだと無理な水圧をかけて濾過されるけど、このBritaの浄水器は、時間がかかる(とは言っても、大した時間ではない)ので、ちゃんと有害物質が除去されているような気がする。

まわりでも、この浄水器を使ってる友人は多く、シドニーではかなりポピュラーな存在。

で、先日ディスカウント・スーパーで、1.9リットルのBritaの浄水器が、なんと20ドル以下(約1600円)で販売されていた!もちろん速攻ゲット!本体以外にもフィルターが1つ付いてるけど、この値段だったら、日本ではフィルター1つ分の価格!

日本でのBritaの価格設定は高めなので、かさばるけどお土産に買ってく、って手もありそう。でも、問題はフィルターの金額によるから、フィルターも買い占めていかないといけないところ…。

こちらでは、どのスーパーでもBritaのフィルターは簡単に買えるけど、日本ではどうなんだろう?

でも、ジム行ったりするのに、いちいちミネラル・ウォーターを買うことを思えば、経済的だし、美味しいし、ペット・ボトルのゴミも増えなから、かなりいい選択だと思う。自分は料理や、ご飯を炊く時にも使っている。特に氷を作ると、その味の違いにビックリ!新しいのは、2リットル近くと、以前より容量が大きいから、使いやすくなりそう。

でも、今回新しいのを買ったので、古いBritaの浄水器は捨てなくてはいけない…。べつに壊れてるわけではなく、見た目がキズキズで汚いように見えるだけ。Joeは、どんどん増えていくジャンクな物に、ついに、これを買う時に「古い浄水器を捨てるんだったら、買ってもいい」という交換条件を出されていたから、やっぱ捨てることになるんだろうな…。

なんだか、こちらに来てからズ〜っと使っていたものだから、思い出がいっぱいで簡単には捨てられなさそう…。こっそりキッチンの棚の後ろにでも隠しておこうかな?


BRITA

by funnyfelix | 2005-01-19 09:43 | suki!!

Mino 美濃/日本料理

a0030752_1326252.jpg


何故だか、同時期に何人かの人から美濃レストランの「懐石コース」のことを聞いた。月ごとにメニューが変わるので、毎月行っている、って人もいたほど。

で、そこまで話題になってるんだったら、行くしかないでしょ、ってことでJoeを引き連れ、はるばるノースのモスマンまで。

その「懐石コース」は、55ドル(約4400円)。火・水・木・日曜は限定の「ニミ懐石コース」38ドル(約3000円)があるそう。この違いは、お造りに、ちょっと高級な魚が入っていたり、盛り合わせの品数がちょっと多かったりってことで、あまり大きな違いはないそう。行ったのは日曜だったので、迷うことなく「ニミ懐石コース」。

懐石って言っても、日本で食べたような、一品一品凝った盛り付けと器で出てくる、って感じじゃなく、大きく分けて、先付、お造り、焼物八寸、お食事、デザートの5つのコース。

簡単に言っちゃえば、オントレが小鉢で3皿、それにメインとデザートって感じ。このメイン、9種類の中から選ぶんだけど、これが鰻重、天ぷら、すき焼き、和風牛肉ステーキ、とんかつ、寿司盛り合わせなど。

確かに盛り付けは懐石っぽくていいけど、メインにとんかつなんて選んじゃうと(…Joeはこのチョイス!)、ちょっと豪華なとんかつ定食、って感じ。

それに料理が出てくるのが超スロー!懐石だから?

それに料理の量が超スモール!懐石だから?

ってことで、家に帰って速攻「出前一丁、東京醤油味、海苔付き」を作って食べたほど…。

これ女の子だったら満足できそう。値段も手ごろだし、量も多すぎないしね。でもね…、自分みたいな大食いの男性だとちょっと物足りないかも。


Japanese Restaurant Mino
521 Military Rd., Mosman
Phone (02)9960-3351

by funnyfelix | 2005-01-18 01:31 | syd-eat

お気に入りホームページ その2

以前から、リンクの追加をしようと思ってましたが、なかなかできなく、遅くなりましたが、いくつか追加します。

一部、先方の許可を取ってなく、勝手にリンクしてます。申し訳ないんですが、もし問題があるようでしたら、メールでお知らせください。

このEXCITEのブログは、同じEXCITEであれば、簡単にリンクできるのですが、他のブログやサイトの方と同じ扱いにしたかったので、EXCITEで有る無し関係なく、すべてリンク・ページで紹介しています。



<個人のサイト>

++ Piro Net ++
ニッペラのマルコさんのサイト。ダイアリーは、日々の生活が感じられ、なんだかホノボノ。

Meesha's HomePage
最近、コメントをいただく、Meeshaさんのホームページ。シンプルでかわいいサイトで、きれいな写真がいっぱい!


<Blog>

Melbomb
シドニーにも住んでいたMelbombさんのメルボルン情報。

Gracias a la vida
自分と同じ時期にブログをスタートした、いさおさん。減量中だそうですが、個人的には減量してほしくなかったりして…。

Girls
バイセクシャルのGirlsさん。彼女の話は、ゲイでもわかる!わかる!ちょっとキュンしちゃいます。

Digital Ink Spots
同じニュージーの彼氏を持つnicoさん。自作のイラストや、写真がアップされてます。

新月倶楽部
シドニー在住きむらさんのブログ小説が楽しめるサイト。主婦らしい話題もいっぱい。

Pinkaeru's Blog
ピンカエルさんの、パース情報。オーストライアでは、パースは一番住みやすい街として大人気!

La vie @ Sydney
華麗なプロフィールを持つTiaraさん。同じシドニー在住で、女性の視線で語る日々の出来事。

新しい生活
日本に住むゲイの会社員、inu_udonさん、彼氏との生活を綴ります。


<情報・ディレクトリー・サーチエンジン・サイトなど>

SindBad Bookmarks

Gpress IndeX

[ひげの部屋]

すこたん企画

by funnyfelix | 2005-01-17 12:33 | link