コンサートの夜/Glen Hansard & Marketa Irglova

はいはい!行ってきました!ダブリン!

じゃなくて、あの大好きな映画「ONCE ダブリンの街角で」の主演2人、グレン・ハンサード&マルケタ・イルグロヴァ/Glen Hansard & Marketa Irglovaのコンサート!

シドニー・フェスティバルの一環で、あのオペラハウスのコンサート・ホールで行われたもの。

もう、映画で心をズタズタ(もち、いい意味でね)にやられて、その2人のコンサート、ってことで今年のシドニー・フェスティバルのパンフを見てからズット楽しみにしていたコンサート。

このチケット、Joeからの誕生日プレゼントっ!

実は、Joe、この映画が公開された時は見てなくて、Joeにもぜひ見せねば!自分もまた見たいし!ってことで、DVDを週末の夜に見たんだけど、Joeにも大ウケ!

もともと、Joeの先祖ってアイルランドからで、主演のグレン・ハンサードの自然体のギャグにゲラゲラ笑っていた!何だか冗談の波長が合うようで、映画のオープニングからかなりウケていた!(って、コメディーではないんだけど、時に笑って、時にホロっとして、心があったかくなる映画)

で、「彼ら、シドニー・フェスティバルで来るんだよねー」なんて言ってたら、自分がコンサートのチケットを手配する前にゲットして「はい、プレゼントっ!」って!

Thanks!

ってことで、当日。

コンサート、スタートは夜8時から。

ま、当然、その前に食事でも…って話になり、行ってきました「オーシャンルーム/Ocean Room」

実は、この「シドニー・フェスティバル」、期間中「Fast Festival Feasts」という、いくつかの協賛レストランが、イベント前に簡単に食事が出来るように特別メニューを提供している。

時間は、夕方6時~7時(一部のレストランでは、ランチも)で、グラス・ワインにメインが1品、それに食後のチョコレート、それで25ドル!

けっこう高めのレストランも協賛していて、この値段はかなり魅力的!

トライアルとしてみるのもいいかも?

で、会場のオペラハウスに近いレストラン、ってことでリストから選んだのが「オーシャンルーム」

日本人の野田シェフのお店で、当然日本人の間でも人気のレストラン。すごく昔に、彼が働いていた「ライズ/RISE」には行ったことがあり、その時にかなり感動した覚えがあって、機会があればぜひ行きたいと思っていたレストラン。

レストランは、ちょうどサーキュラ・キーのフェリー乗り場をはさんで、オペラハウスの反対側にある客船用のターミナルの中にあり、オペラハウスを眺めながらお食事が…

って思ったら、巨大客船が停泊していて、今回は景色ナシ!

で、メニューはお塩と5つのスパイスで揚げたエビ、魚のテンプラ、それにお寿司、って内容。量的にはメイン、ってより前菜、って感じだったかな…

割とストレートな料理で、和食に洋食がフュージョンされた一風変わった料理をイメージをしていた自分はちょっと残念だったけど、テンプラはサクサクだったし、お寿司もおしかったです!

これで、景色があれば、この25ドルはけっこうお得と言えるかな?

a0030752_1420557.jpg


で、夕日に染まるオペラハウスへ!

やっぱ、この水際ロケーション、この建物!コンサートに行くワクワク感はいやでも盛り上がります!

で、いきなりグレン・ハンサード、1人で現れたかと思ったら、ギター1本、マイクも無しに地声で、あの映画の曲「Say It to Me」!

あぁぁー、もうダメ、あの映画でダブリンの街頭で歌ってた曲が、生で!地声で!

それからは、マルケタ・イルグロヴァと、バンドも加わって、映画からの曲を中心にアンコールを入れて約2時間!

バンドにバイオリンが入っているので、アイリッシュな感じが、よかったー!

で、その彼のギター、あの映画の穴開きギター!(多分…遠くてよく見えなかったけど…)

それを、もう激しく激しく弾いたり、また、うねるような歌い方や、ウケていた曲間のトークのボケた感じも、ほんとあの映画のママ!っていうか、それ以上!さすがライブと思わせ、映画やCDよりも数段よかったー!

マルケタ・イルグロヴァとも、仲良さそうだし、映画とリンクしてしまうコンサート。

CDをだけを聞いても、心に染みてくるようないい曲がいっぱいなんだけど、映画のストーリーやシーン、キャラクターにリンクすることによって、もう目はウルウル…

先に「アイリッシュな感じ」って書いたけど、時々「陽水・みゆき・拓郎、それにグレープ」みたいな、懐かしい日本のフォーク・ソング的な雰囲気もあり、大満足!

彼が言っていたけど、彼のバント「ザ・フレームス/The Frames」としてシドニーには何度も来ているよう。(今回のバック・バンド、ギター、ベース、バイオリンは「ザ・フレームス」からのメンバーで、ほぼ「ザ・フレームス」と言ってもいいけど、あくまで2人の名前がメイントなったコンサートなので、今回は「ザ・フレームス」の名前は全面に出てない)

個人的にはアカデミー賞を受賞した、2人のデュエットの「Falling Slowly」より、彼のバンド、ザ・フレームス版の「Falling Slowly」が好きで、次回は「ザ・フレームス」のコンサートに行きたい!

って、できればゲストにマルケタ・イルグロヴァを呼んで、ザ・フレームス with マルケタ・イルグロヴァ、みたいな。

今回とは逆で、「ザ・フレームス」をメインとして、マルケタ・イルグロヴァがゲストでちょっと参加みたいな。

で、Joe。コンサート、自分以上に楽しんだようで、グレン・ハンサードのMCに大笑い!しんみりした曲にウルウルして、最後はスタンディング・オベーション!

その後、会う人ごとに「コンサートよかったよー!」って言いまくってるんだけど、2人の名前がいつも出てこない…

ま、覚えやすいとは言わないけど、そこまで感動したんだから名前ぐらいは覚えたら?

a0030752_1421312.jpg

[PR]

by funnyfelix | 2009-02-01 14:21 | syd-event