嘘!

「別れるー!!」って話になって、でも、パーティーまではあと10日!

ここでバラしては今までの苦労が…


で、記憶喪失のふりしました!(爆)

今まで嘘に嘘を重ねているから、今さら1つ1つ説明できないし、下手に説明すると、辻褄が合わないのは明白。

いっそのこと、すべてをチャラにするため、言ったことや、したことを時々忘れてしまうことにしました!

すべての矛盾は、自分の脳みそのせいだっ!って!

逆ギレ気味に、「Joeは、気付いていないかもしれないけど、自分、昔から思い違いとか多く、記憶の欠落は人からも指摘されたことがある!」って

自分の頭を叩きながら、迫真の演技!(頼むから、信じてー!)

で、「もともと、4人のディナー・パーティーの話なんだから、なんで、それが別れ話まで発展するの?その方が、おかしいんじゃない?」

ってことで、ようやく落ち着いたJoe…

でもね、ただのサプライズ・パーティーなのに、Joeも思いっきりブルー入ってるし、自分も嘘をつきまくって気分は最悪!

さらに、Joeの「信じられない!」感情が、協力をお願いした友達カップルまでにも派生して、その2人までも「いい友達だったのに…」なんて言い出す始末。

もう、自分も精神的にボロボロ…

が、その大喧嘩以降は、バースデーの話はあまり出なくなり、安心したんだけど、「知り合いに精神科の先生がいるけど、会ってみるか?」と、逆にJoeに心配をかけることに…

あぁー、もう最悪!

でも、あと少し!パーティー当日を迎えれば、すべては終わり!



で、当日!

予定通り、友達カップルの家に向かう直前に、場所が彼らの家からレストランに変更になったと、Joeの携帯に電話がっ!

が、ここでJoe、またまた思いっきり不機嫌に!

「これまで、嫌な思いしてきたけど、最後の最後になっても、なんでこうなんだっ!」って、Joe…

でも、これで不機嫌になるってことは、やはりパーティーには気付いてない証拠。

10日前の大喧嘩の後からは、Joe、妙に落ち着いていたので、誰かからサプライズ・パーティーの話でも聞いたのか?と心配していた自分は(って、もちろん本人に聞けないでしょ!)、Joeのイライラ顔を見て、けっこう安心!

で、ブチブチ言いながらレストランに入ったJoe。

いきなりの「♬ハッピー・バースデー・ジョー♩」の大合唱に、絶句!

このJoeの驚き顔を見た瞬間に、腑抜け状態の自分。

今からパーティーは始まるのに、自分としては「ようやく(嘘をつくのが)終わった!」って感じ!マジ、かなりの脱力感!

で、パーティーは、友達カップルの協力もあり、大成功で終了!

メルボルン、ニュージーランド、そして日本からも友達が駆けつけ、準備はほんと大変だったけど、参加した多くの人から「アット・ホームないいパーティーだった」とコメントをもらって、嘘を突き通してよかったな、と。

でも、もう2度とJoeのサプライズ・パーティーは企画しないと誓いました!


ただ、場所のスペースが限られていたのと、Joeの友達関係を中心に、ってことで、自分としては、もっともっと人をよびたかったのに、それが出来なかったのが、ちょっと残念…

せっかくのサプライズ、多くの人に来て欲しかったから。

で、協力してもらった友達からもサプライズがあって、それはケーキ!

よく海外のウェディングで、中はフルーツがいっぱいの固めのスポンジで、まわりを砂糖でコーティングしてあるケーキがあるでしょ。

それです!

後から友達から聞いたけど、実際ケーキ屋さんに行って、お値段とか、製作期間とかを確認したけど、とんでもない値段に、期間にしても間に合わなほどだったので、自分で作ることにしたそうです!

でも、それが凄いの!桜を散らしたデザインで、これお店で作ってもらったら、いくら?って感じ。

残ったケーキは切り分けて、みんなに持って帰ってもらいました。自分たちも、Joeの名前の部分をいただきました!

日持ちするので、ゆっくり2人で食べます…

って言うか、これで、ほんとゆっくり気を休めて生活できます!

a0030752_7303748.jpg

[PR]

by funnyfelix | 2008-12-08 07:29 | g-life