ポール・ニューマンのドレッシング

先日、みんなでお茶してた時、話題が映画になり「ポール・ニューマン」の話になった。

で、キャンベル(日本女子)が「あの、ドレッシング会社の人でしょ!」って…。

そう、彼女にとっては「ポール・ニューマン」=「ドレッシング」なんです!

古くは「熱いトタン屋根の猫」から「明日に向かって撃て」「スティング」、最近では「ロード・トゥ・パーディション」でも有名で、個人的にも好きな俳優を「ドレッシング屋のオヤジ呼ばわり!」マジ、歳感じます…。

a0030752_935045.jpgでも、俳優としてだけではなく、実はこのドレッシングも好き!もともと彼が自分で作っていたドレッシングが美味しい、ということで始めたサイド・ビジネス。それが大成功!ここオーストラリアでも、どのスーパーでも置いてある定番ドレッシングになったけど、それ以外にもパスタ・ソースからポップコーンまで商品展開している。

一番凄いのは、このドレッシングの売り上げの純利益は、すべて慈善事業団体に寄付されていること。さすが俳優として成功しているだけあって、やることが違う!

味は、日本のドレッシングに慣れている人にとっては、どうってことのない味。でも、ここオーストラリア、野菜とか安くて美味しいのに、何故サラダ・ドレッシングで美味しいものがないのか?って言うぐらい、まずいドレッシングが多過ぎ!不思議なぐらいまずい!

普段、家では、自家製の醤油ドレッシング(Joeにも好評)を作っているが、たまに作るのが面倒な時はコレ!かなり手作りの味がする。ただ油が多すぎるのがちょっと…。

やはり定番のクラシック・サラダ・ドレッシングが一番。シザー・ドレッシングも好きな人が多い。美味しいだけじゃなくて、チャリティーに参加してるのもミソ。


Newman's Own
[PR]

by funnyfelix | 2004-12-04 09:37 | suki!!