蜘蛛の糸 その3

以前、大きな盛り上がりをみせた「蜘蛛の糸」シリーズ(勝手にシリーズ)

蜘蛛の糸 その1

蜘蛛の糸 その2

その後、車ではあまり見ることはなかったけど…

先日の夜、ベッドルームで読書して「さぁ、寝ようか」と明かりを消そうと思ったら…天井に黒い影!

例の手のひらサイズの巨大蜘蛛、ハンツマン君(アシダカグモ)がっ!家の中で登場です!

ま、毒をもつわけでもなく、別に「いいかっ」って寝ようとしたけど、我が家では蜘蛛フォビアのJoeがいるので、部屋、それも「寝室に蜘蛛がいた」なんて許されるわけもなく、タオルを持ってきて(さすがに素手てで捕獲する勇気はなし)外に逃がしてやりました。

で、数日後。

先に寝室に入ったJoe、いきなり絶叫です!

またしても、現れましたハンツマン君!

ワーキャー言うJoeを尻目に、タオルを持って寝室に。

って、タオルで蜘蛛を覆うんだけど、ちから加減が微妙…あまり強く押さえつけると「グシャ」と蜘蛛が潰れてしまうし…それも嫌だし

なんて思って軽く押さえたけど…

タオルの横から蜘蛛がササっと出てきちゃいました!

で、なんと「自分の腕の上を移動」してベッドに着地!

Joeと一緒に、自分も絶叫!

カサカサとした蜘蛛の感触、思い出すだけでも鳥肌もんです。

で、ハンツマン君、ベッドの下に…

最悪の展開です!

「蜘蛛と一緒に練れるか!」と、Joe発狂。

が、よく見るとベッドの足の裏でジっとしているハンツマン君を発見。

前回より、強めに掴んで捕獲成功!

無事、Joeはゆっくり寝ることができました。

で、その後、師匠Mさんに「蜘蛛退治」の話をしたんだけど、彼もハンツマンは毒を持たないし、人には危害を加えないから、家の中で見てもほかっておいて大丈夫。さらにゴキブリも退治してくれるので、むしろいた方がいいかも、と。

でも、さすがにビジュアル的にどんなもんかと…

で、Mさん、新聞紙を筒状にして、手元のほうを丸めて、空いてる方を蜘蛛に被せると、暗いので蜘蛛はその新聞紙の中に入ってくるので、入ったら、入った口の方も丸めれば簡単に捕獲できるよと。

さすが、師匠!

で、「2度あることは」のことわざ通り、今度はバスルームからJoeの絶叫がっ!

またまた登場です、ハンツマン君。

新聞紙を片手にバスルームに入って、筒状の新聞紙を蜘蛛の上に…

が、蜘蛛も移動して、なかなか新聞紙で覆えません!

そうこうしているうちに、蜘蛛はかなりの移動。

Joeは「これが寝室に移動したら、今日はリビングのソファーで寝るからなっ!」と

で、仕方なく新聞紙作戦は諦め、いつものタオル作戦で捕獲。

ま、蜘蛛一匹で盛り上がる毎日、というのもね…

なんて話を、今度は別の友達に話したところ…

彼、以前に2ベットルームのフラットを弟とシェアーしていて、その弟は「ハンツマン君、OK派」

人には危害を加えないってことで、部屋で見かけてもそのまま。

で、ある夜、それも明け方近く、彼の部屋から絶叫がっ!

慌てて彼の部屋に入ると…

弟「寝る前にハンツマンが天井にいて、そのままで寝たんだけど、夜中、なんだかカサカサとした感触を感じて目を覚ましたら、ハンツマン君が胸の上に!」だって!

ヒエー、やっぱ、寝室でハンツマン君を見かけたら、やっぱ駆除するのがいいみたい。

で、今回、いよいよハンツマン君の写真、登場です!

あの、自分の腕の上を移動したハンツマン君の記念写真です。(って、Joeに写真なんか撮ってなくて、サッサと捕まえろと、文句を言われながらの撮影でした)

比較するものがないので大きさが分からないのが残念ですが、手のひらサイズです。





a0030752_10244.jpg

[PR]

by funnyfelix | 2010-09-24 10:00 | g-life