パレード、更新しました!

すみません、ちょっと忙しくてなかなか更新できなかったんですが、先ほど、マルディグラのパレードのレポート、更新しました。

ちょっと長いですが、以下をクリックで、どうぞ!

ハッピー!マルディグラ! パレード その2

ちなみに、パレード前のレポートはコチラ。


それから、コメントの返事ですが、もう少し待ってください。

先週、マルディグラのパレードの直後に起こった事件に対するデモ行進に行ってきたので、それと合わせて更新します。
[PR]

by funnyfelix | 2013-03-18 21:17 | g-life

悲しいです…

マルディグラのパレードのレポートをアップする前に、どうしても更新しておくべきことが…

今朝のニュースで見て驚いたんですが、あのマルディグラのパレードの直後に、オックスフォード・ストリートでとんでもないことが起こっていました。

ちょっと暴力的な内容が含まれますが、以下がその映像。





この映像だけでは、正確な判断はできないけど、どうみても警察が過剰に暴力をふるっているようにしか見えないんだけど…

後ろ手に手錠をかけられているのに、地面に叩き付けているし、その後も足で押し付けてるし…

それに、相手の警官と比べても、この男の子そんなにいい体格をしている訳でもなく、あきらかにデカイ警官が弱いものを相手にいたぶるように見えるんだけど。

せっかくのハッピーなムードのパレードが台無し!

35年前、パレードに警察が介入して、それもかなり暴力的な介入で、それを思い起こさせるような映像。

その後、警察とゲイ&レズビアン・コミュニティーが歩み寄るように、お互いが努力してきたことが水の泡…

他にも、パレードの後に警察から暴力を受けた、とか、パーティーの会場の入り口で、ドラッグの検査をされ裸にされたとか、かなり警察について厳しい意見が出ています。

今回のことに抗議するため、3月8日金曜夕方6時からオックスフォードのテーラー・スクエアに集まろう、という呼びかけがFacebookで告知されたり、今晩のニュースで、この男の子(18歳になるジェイミー・ジャクソン君)がインタビューに答えていたり、こちらのゲイ&レズビアン・コミュニティーだけでなく、一般のニュースでも大きく取り上げられて、大きな話題になっています。


マルディグラのパレードの日は、シドニーがゲイ・フレンドリーでハッピーなムードに染まる日、いったいどうしてこんなこことになってしまったのか… とにかく悲しいです。


ジェイミー君事件の抗議デモ行進のレポートは、ここをクリック!
[PR]

by funnyfelix | 2013-03-06 22:11 | Mardi Gras 13

ハッピー!マルディグラ! パレード その1

a0030752_21391640.jpg



3月2日、ついにマルディグラ最大のイベント、パレードが行われました!

もう絶対、雨。

なんて思っていたけど、小雨が降った程度。昨年のような状態にはならなく、ホっ。

で、ちょっと長くなるので2回に別けてレポートします。


まずは、パレード前の様子から…

各フロートは、ハイド・パークに集合なんだけど、もう和気あいあいとした雰囲気。

パレードを前に、みんなとってもハッピー!

a0030752_21392562.jpg


今回、熊さんフロートは、熊耳を着けてみんなアニメから抜け出てきたような熊!鼻を黒く塗ってる人もいて、相変わらずベア好きな人悶絶、って感じ。

にしても、マッチョ系から、熊系、スイマー系と、ほんと様々なタイプのゲイが集合していて、カメラを向けてもみんな最高の笑顔!

曇り空で、ちょっと肌寒かったけど、肌の露出は多め、でも、寒さなんか関係ナシ!って雰囲気。

a0030752_21394259.jpg


a0030752_21393442.jpg


a0030752_21395520.jpg


で、今回のフロートで注目なのが、「78ers」と呼ばれる、パレード初回に行進した方々。

その当時は、ゲイやレズビアンは違法で、それを変えるためにオックスフォードを行進したのだけど、途中から警察が介入して逮捕者がでる騒ぎに。

次の日の新聞には、その全員の名前が公表されて、その後、仕事を辞めた人も多かったそう。

これを契機に、ゲイやレズビアンの人権を主張するムーブメントが活発になって、法律も変わったし、パレードも大きなイベントになったけど、すべてはこの人たちの勇気ある行動によるもの。

そのうちの1人が「もし、警察も介入しなく、普通に行進して終わっていたなら、そのまま家に帰って、逆に次の年はなかったかも」なんてインタビューに答えていたけど、この時の警官の態度はかなり強固なものだったそう。

ちょうどパレード出発点で写真をお願いしたけど、「ちょうどここまでしか行進できなかったんだよ。ここで警察が止めに入ってね…」ということで、35年前対立した警官と一緒の写真となりました。

Joeと一緒にシドニーに住んでいるけど、ほんと、この人たちがいなかったら、今の自分たちもなかったかも?

パレード初回のような、仕事を失うかも?逮捕されるかも?なんて心配もなく、笑顔いっぱいの他の参加者を見ていると、35年の時の長さを感じます。

a0030752_214036.jpg



次回は、パレードの様子をアップします。順番になるよう、この下にアップしますね。
[PR]

by funnyfelix | 2013-03-05 21:48 | Mardi Gras 13

ハッピー!マルディグラ! パレード その2

毎回、マルディグラのパレードを盛り上げるのが、レズビアンのバイク集団「Dykes on Bikes」

カッコいいです!で、沿道、バイクの爆音に負けないぐらいの声援!

a0030752_20565867.jpg



今回のパレードの一番の話題は、オーストラリア国防軍が参加すること。

って、今年で5回目のパレードになるんだけど、ついにユニフォームを着用しての参加。

当然、ユニフォーム、ってことで国防軍からの許可が必要になるわけで、今までのように私服の個人的な参加とは大きく異なります。

陸軍、海軍、空軍、それぞれの隊員がそれぞれの制服を着て行進する姿は、今回のパレードのハイライトの1つ。

国防軍がセクシャリティーの差別がないことの、いいPRになったと思います。

その後には、州の消防士さんたちや、救急車のスタッフなど、ユニフォーム系の団体が続々と…

a0030752_20571483.jpg



このブログでも取り上げた「ACON」

今、HIVの撲滅運動中で、大規模なキャンペーンを展開中です。

また、数あるフロートの中でも毎年人気なのが、ライフセーバー。もうオーストラリアと言えばこの人たち。

a0030752_20575793.jpg



綺麗なお姉さんから、それなりのおネエさんまで…

相変わらず、衣装(というか装置?)はスゴイの一言!

a0030752_20581632.jpg



政治的なメッセージが多いのも、パレードの特徴なんだけど、今年もシドニー市の女性市長・クローバ・ムーアさん、ゲイを公表している議員のアレックス・グリーンウッチさんと一緒にオープンカーで参加です。

a0030752_20583959.jpg



また、パレードにはシドニーだけではなく、全国各地からゲイやレズビアンのコミュニティーが参加しているけど、今年、市制100周年になるオーストラリアの首都、キャンベラも参加。

日本からも、浴衣姿で参加で、やはり「浴衣」、オージーからかなり注目を集めていました。

a0030752_2058588.jpg



吊バンドにネクタイ、鼻を黒く塗って、熊好きな人の絶妙なところを付いて来る、熊さんの団体「Harbour City Bears」

女の子のローラーゲームのチーム(シドニー・ボンバーズ?)。

一番ウケたのが、パイプを股間に当てたオジさん。

写真では見えないけど、プラカードには「無料で、あなたのパイプ、点検します」って!

a0030752_20591521.jpg



今年で30周年となる、ボーリング・クラブも、ピンに見立てた被り物で、こちらもかなりウケていました。なんか、とってもカワイイ!

毎年元気なウォーター・ポロのチーム!

a0030752_20592816.jpg



最後のフロートは、マルディグラのフロートで、ブラック・ウェディングをテーマに、ゲイとレズビアンのカップルを中心にした、大掛かりなもの。

で、いつものごとくフロート終了後は、沿道のボランティアの人たちが続いて終了。

a0030752_210222.jpg



今年は、かなり心配した雨も、ほとんど降らず、パレードが始まってからドンドン人が増えていたようでした。

それから、パレードのスピードが早く、フロートの間隔もあまりなかったので、1万人近くが参加したパレードだったけど、かなりスムーズに進行したようでした。

昨年はカイリー・ミノーグが参加したり、パレードの後のダンス・パーティーもチケットが売り切れとなったけど、今年は、そこまでの盛り上がりはなっかたかな?

でも、年末の花火に次ぐ、シドニーで2番目のビッグ・イベント。その経済効果は30ミリオンとも言われているほどで、やはり、一度は生で見て欲しいイベントですね!
[PR]

by funnyfelix | 2013-03-04 20:56 | Mardi Gras 13

マルディグラ・イブ

さて、いよいよ今晩がマルディグラの最大イベント、マルディグラ・パレードになるんですが…

天気が…

昨年も、かなり雨が降ったけど、今年はそれ以上のような…

このところ天気が不順で、夕方から雨が降り出したり、みたいな天気が多く、今日もそんな感じ。

でもって、寒し!シドニーの夏はどこに?って感じ。

ま、どうにか晴れて欲しいものです。って、曇ってても雨さえ降らなければOK!


で、昨晩久しぶりにオックスフォード・ストリートにでました。

ちょうどパレード前日の夜、ってことで日頃はストレートが目に付く通りですが、かなりゲイ・ストリートっぽい雰囲気になっていました。

まだ早い時間だったので、どのパブも入場制限することなく気軽に入れたのですが、「オックスフォード・ホテル」はベア系のイベントのためか、もう熊さんでギッチリ、って感じ。

友達を見かけたのですが発見できず、さらに超混んでいたので諦めて、久しぶりの「ミッドナイト・シフト」へっ!

って1杯飲んだだけ!

ま、久しぶりにJoeと2人でドラァグ・クイーンのショーを見たり、「あー!マルディグラ!」って夜になりました。

なにはともあれ…

HAPPY & SAFE MARDI GRAS!

a0030752_10362359.jpg

[PR]

by funnyfelix | 2013-03-02 16:36 | Mardi Gras 13

マルディグラ博物館/Sydney Mardi Gras Museum

a0030752_95102.jpg


今回のマルディグラで、一番意味のあった展示が「マルディグラ博物館」。

オックスフォード・ストリートの中心にあり、そんなに広くはないスペースだけど、内容は、写真からポスター、衣装まで様々な展示物で、今年で35周年となるマルディグラの歴史を振り返るもの。

どのようにしてパレードが始まったか、それがどうのように大きなイベントとなっていったかが分かり、最近の祭り騒ぎのようなパレードしか知らない人には興味深い内容になっていると思う。

こうした歴史を振り返ると、昨年からイベント名に「ゲイ&レズビアン」という言葉がなくなってしまったけど、名称には絶対「ゲイ&レズビアン」という言葉が必要だと再確認してしまった。

今回のマルディグラが終わった後、メンバー・ミーティングでこの名称については論議されるそうだけど、メンバーの多くが元の名称に戻すように願っているそうで、来年は「シドニー・ゲイ&レズビアン・マルディグラ」となりそうな予感。

ってことで、この「マルディグラ博物館」、オックスフォード・ストリートにあるので、パレードを見に行く前などに寄ってみてください。

3月3日まで、夜も9時までオープンしているので、ぜひ。

できれば、一時的なものではなく、常設としてオックスフォード・ストリート周辺に再オープンしてくれることを希望!


Sydney Mardi Gras Museum
Cnr Oxford & Palmer Streets, Darlinghurst
3月3日まで
10:00AM - 9:00PM
入場料はもちろん無料です!


<おまけ>

このところ空き家が多く、閑散としたイメージのあったオックスフォード・ストリートですが、カウンシルの協力により、ちょっと変わったギャラリーなどが増え、面白くなってきました。

さらにマルディグラ、ってことでショップのディスプレイも、ゲイゲイしくなっています。

a0030752_951937.jpg

[PR]

by funnyfelix | 2013-03-01 09:50 | Mardi Gras 13