<   2005年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

Night Walker

自分、歩くのが好きで、ちょっとした距離なら、バスなどは使わず歩いている。特に夜の一人歩きは大好き!まあシドニー、一応危険ではあるけど、人通りのあるメインの道ならまず安心。

ってことで、昨晩。

飲み会がノース・シドニーであって、それが終わったのが夜10時半ごろ。普通だったら、そこから電車で帰るんだけど、きのうはちょっと歩いてみたくなって初めてハーバー・ブリッジを歩いて渡った。

そう、走って渡ったことはあるけど、歩道を歩いて渡ったことは今まで一度もない!

ノース側からだと、電車のミルソンズ・ポイント駅の近く、Burton StとBroughton Stの交差したところに階段があり、そこを登るとハーバー・ブリッジの歩道にでる。

ここで、簡単なハーバー・ブリッジについての説明。

工期に9年かけ、1932年に開通。全長1149メートル(シングル・アーチでは世界2位)。幅は49メートルで、これは世界一!車道が8車線、鉄道の線路、自転車道、歩道がある。

途中の橋の支柱は、パイロン・ルックアウトと呼ばれて、高さ89メートルに展望台がある。ちなみにこの入場料は大人8.50ドル。ここも、一度登ってみたいと思いながら、まだ一度も登ってない。

で、歩道を歩き始めたんだけど、普段は車で、ものの数分で通り過ぎてしまって、じっくり見ることがなかったハーバー・ブリッジ。美しいアーチを描いて、しかもそれがライトアップされて、マジ綺麗!

もちろん、橋からはシティーの夜景や、オペラハウスも見える。夜間で、歩いてる人はまばらだったけど、ぜひこの景色は見るべき!(夕方過ぎの早い時間か、行くんだったらグループで、その方が安全!)

今回はカメラは持参してなくて、写真を撮ることができなく、どんな感じなのかは見せることが出来ないが、自分の記憶にはしっかりインプット。

実は、ちょうど8年前にこのシドニーに降り立った自分。橋を渡り始めた時に、フッとそんなことに気付き、この美しい夜景を見ながらその8年の日々が蘇ってきて、感慨深いものがあった。

この道の向こうには、Joeが待つ我が家があり、初めは1年も居るつもりではなっかた自分が、こうして8年の間に、待つ人のいる場所をシドニーで持てたのは幸せなことだと思った。

Joeは、普段から写真を撮りまくる自分に「カメラじゃなく、自分の目で見ろ」っていつも言っていて、こうしてこれだけの素晴らしい風景を目の前にした時、カメラが手元になかったのは、何だかJoeの見えない力を感じてしまった。

すっかり秋になったシドニー、風は冷たいけど、空気が澄んで、夜景がキラキラと輝いて見え、そんな中、シドニーでの生活や、Joeのいる、暖かい我が家を想像しながらの一人歩きは、ちょっとセンチメンタルな気分に浸った時間だった…。



って言うか、酔ってたし、カメラはなくても、何故だかiPodは持ってて(毎日持ち歩いてはいない!)、音楽を聞きながら歩いていた。で、iPodのシャッフル機能って、不思議と自分の気持ちを読んでいるような選曲をするので、昔のユーミンの曲から、最近お気に入りのシドニー・ベースのKarma Countryの曲まで、まさに目の前の風景とリンクして、映画の1シーンに迷い込んだみたいだった。
[PR]

by funnyfelix | 2005-05-31 16:50 | g-life

Leather Pride Week 2005

5月14日から21日が、「Leather Pride Week」ということで、シドニーでレザー関係のイベントが行なわれた。

14日の「Love Muscle」という、ボディービルのコンペティションで始まって、22日のダンス・パーティー「Inquisition」まで。

レザーといえば「熊」ってことで、今まで数回ダンス・パーティーの「Inquisition」には行ったことがあるけど、実は自分、レザーってそんなに興味がない!革の匂いもあまり好きじゃないし…。

で、この「Inquisition」、レザーや、ラバーなどのフェティッシュの人のパーティーで、当然ドレス・コードは革系になるんだけど、自分、革の衣装(そう、パーティー用の衣装!)なんて持ってなくて、革の腕輪とかでお茶を濁して参加してた。

Joeと知り合って最初の年の「Inquisition」は、会場もドームという、そんなに大きな会場ではなく、アットホームな雰囲気で、今でもベスト5に入るほど楽しいパーティーだった。その後、年々規模が大きくなって、レザーの人って感じではなく、ただのダンス・パーティーっぽくなって、ここ2年ぐらいは、以前のように規模を小さくして開催している。

パーティーの途中で行われるショーも、ピアシングとか、段々過激になってきて、見ていてあまり気持ちのいいものではなかった。参加してる人もシリアスなレザー・フェチの人も多く、冷やかし半分の自分たちは、ちょっと場違い!

このところ、すっかり落ち着いたカップルになってしまった自分たちは、そんなこともあって今年のパーティーはパス。95ドルという、高額なパ−ティ−代も行かなかった理由の1つ。

で、パーティーに行った友人の話では、大変よかった!って。まあ、レザーってことで年齢層も高めで、Joeとか参加しても絶対ウカない、って。音楽もよかったそう。

確かに、他のダンス・パーティーって、若いから、そういう意味では行っても楽しめたかな…なんて思ったけど、まずはハーネスでも買わないとね…。

で、唯一参加したのが15日に行なわれた「Forbes Street Fair」。オックスフォード・ストリートのテーラー・スクエアー近くのForbes Streetを通行止めにして、レザー関係のショップや、飲食ブースが並んで、ステージではショーとかが行なわれた。縄の縛り競争とか、けっこう笑えた!

これも規模的には、以前と比べると小さくなっていたそう。でも、一歩その中に入ると、もう革、革、革!

熊系の人も多くてキョロキョロしてたけど、でも、これだけ革の人が集まってると、やっぱちょっと見た目恐いかな?

ブースにも、ちょっと恐わそうな機具(?)とかも売られていて、どう使うのかも恐くて聞けなかった…。

それに極めは、革の帽子から、ベスト、チャップスとバリバリ、革できめたお兄さん。なんと肩には蛇が!そう、蛇を巻き付けて登場!凄い!近寄るのも恐くて写真は撮れなかった…。

でも、やっぱレザーっていうと、もう少し寒い地域の方が似合うと思う。だから、レザー・コミュニティーは、シドニーよりメルボルンだ!ってよく聞く。確かに青い空とビーチ、ってイメージのシドニーでは、レザーってちょっと似合わなそう。

a0030752_10471710.jpg

[PR]

by funnyfelix | 2005-05-30 10:48 | g-event

カスク・ワイン/Banrock Station

a0030752_17533287.jpg


こちらに来て、初めて見たのがカスク・ワイン。

そう、箱入りのワイン。

買ってきたら、箱の横の切り込みが入ったところを開け、中からプラスチック製の蛇口を取り出せば、完成!

この蛇口のおかげで空気が中の袋に入り込まないため、ワインの日持ちがするので、1箱買ってきて、これを冷蔵庫(白ワインの場合)に入れておけば、いつでも気軽にワインが楽しめる!

夕飯で、ちょっとワインが飲みたい時に、レストランでいう、グラス・ワインのような感覚で飲める。

値段は、これまた激安なんだけど、ポイントは、4リットルぐらいの大きなサイズのものは避けること。大きなサイズのものは、確かに安いけど、味もイマイチだったりして、翌日、けっこう二日酔いになることも…。まあ、ワインのせい、ってよりは、安いし量もあるので、飲み過ぎが原因だと思うけど。

で、2リットルの物がお薦め!まあ2リットルで15ドル(約1300円)ぐらい。そう、それでも安い!

2リットルぐらいだと、味もよくて、個人的なお薦めはBanrock Station。

とにかく、パッケージがシンプルでお洒落!(無印っぽくない?最初の印象は「アレッ?無印のワイン?」って思った!)これだったら、テーブルの上に乗っていても、絵になるし、安酒を飲んでる、って感じでもない。

このカスク・ワイン、旅行者でも、ボトル・ショップ(酒屋)で買ってきてホテルの冷蔵庫にでも入れておけば、夜寝る前とか、時間が空いた時にベッドで本でも読みながら軽く飲んだりできる。まあ、カスクをBYOでレストランに持ち込むのは、ちょっとだけど、長期滞在だったら常備しておいて損はないと思う。

家では、料理にも使ったり、けっこう重宝している。とにかく、ボトルと違って、一度開けたら最後まで飲まなくてもいいので、いろいろなシチュエーションで使える。

酒屋さんに行ったら、ボトルだけでなく、カスク・ワインもチェック!


Banrock Station
[PR]

by funnyfelix | 2005-05-27 17:54 | suki!!

風邪は秋色

このところ急に冷え込んで、一気に秋本番となったシドニー。

季節の変わり目ってことで、体調を崩す人続出!

で、Joe。

2日前あたりから、「なんだか風邪みたい…」なんて言い出して、熱はなさそうだし、とりあえずビタミン剤飲ませて、早めにベッドに…。

で、きのう。

朝、Joe、かなりつらそうで、「今日、会社休む」って言い出した。まあ、風邪はひき初めが肝心、ってことでお休み。

昼間、Joeに電話したけど、やはりつらそう。

そう、こういう時は、リンク先のこぐみさんのアドバイスに従って、早く帰るんじゃなくて、夕飯の食材を買いに、わざわざスーパーに寄り道。

日本人的に「お粥!」って思ったけど、食欲の無いJoeが、あのドロドロのお粥を見て「美味しそう!」なんて言う訳もなく、これは旬のものを使った軽めのスープあたりなんかがよさそう。

秋だし、ってことでパンプキン・スープ!

カボチャに、ライト・クリーム。それにフルーツをいっぱい買って帰宅。

で、Joe。

帰ってみると、毛布に包まってソファーで横になってる!で、顔が真っ赤!手を額に当てると…熱い!ウワ〜、熱、かなりありそう。

さっそく「晩飯、今から作るから、そのまま待ってて!」って言って、パンプキン・スープとトーストしたパン、それにサラダを作る。

パンプキン・スープは、牛乳と適当な大きさに切ったカボチャを鍋に入れて、カボチャが柔らかくなるまで煮て、その中にコンソメをパラパラ。で、それをミキサーにかけ、ピューレ状に。鍋に戻してクリームを加えて、温めれば出来上がり!簡単!

で、食事の後は、Joeをトットとベッドに追いやって、冷凍庫からアイスノンを取り出してJoeに。

本人は「今が一番ピーク。今夜で良くなる!」なんて言ってるんだけど、この熱が簡単に収まるなんて到底思えない。明日も会社休みになるだろう、なんて思いながら自分もベッドへ。

で、Joe。

今朝、手をJoeの額に当てると…アレッ!熱がひいてる!ビックリ!

本人の予想どおり!

a0030752_11241396.jpg

[PR]

by funnyfelix | 2005-05-26 11:22 | g-life

マクドナルドのDeli Choices

こちらでも、マクドナルドは至る所にある。

で、あの「スーパーサイズ・ミー」という日本でも公開になったドキュメンタリー映画。そう、マックを食べ続けると、どうなるか?という映画。

とにかくこの映画以降、変わったマック!

まず、映画上映中は、店の前に大きなポスター!「この映画の事実でないポイント10」と、激しい言い訳が並ぶポスター登場!

続いて、サラダ・プラスと銘打った、サラダやロー・カロリーのメニューが登場。

で、店舗の大々的な改装が始まった!

そう、マックのイメージと言ったらイエローとレッド。店舗もそんな配色だったのが、改装でダーク・チョコレートの落着いたトーンへ!

この改装工事が凄かった!ほぼ全店舗一斉に行われて、通常、改装工事って店を閉めて行うものだけど、さすがオージー!営業しながらの改装工事!

食べてる横で、ドリルをガンガン使ってる!一応、ビニールで覆ってあるとはいえ、ホントに工事中のまっただ中で食べている人がいるのには、驚いた!

しかもテーブルや椅子は、工事用のもの!よく、工事中の事務所とかに行くと置いてあるやつ。

マジ、工事現場の食事風景だった!

で、店舗も一新して、さらに健康路線を強化するマックで、最近発売されたのがコレ。

a0030752_17394499.jpg

「Deli Choices」

トースト・サンドイッチで、売りは、オーダーしてから作るのでフレッシュ!ってこと。実際、オーダーすると、「今から作るからちょっと待って」って言われる。

種類は10種類もあって、今回選んだのは脂肪が10グラム以下という、「タイ・チキン」
a0030752_17401358.jpg

メニューの写真と全く違う!っては諦めるとして、この「タイ・チキン」、スゥート・チリ・ソースが入ってるはずなのに、どこを見てもなかった!これじゃ、「タイ・チキン」とは呼べないでしょ!

まあ、入れ忘れだろうけど、こういうところは、マニュアル完全遂行タイプの日本から比べると、逆に人間らしくて好きなんだけどね…

でも、これで6ドル近くするのは、どう?あと、1ドル50セント足せば、「Subway」でフット・ロングのサンドイッチが買えてしまう。(写真は、長そうに見えるけど、袋の中はカラッポ。サイズ的には、「Subway」のフット・ロングの半分ぐらい)

味は、マクドナルド味。スゥート・チリ・ソースがなく、マヨネーズが大量に入っていたため。野菜も、シャキシャキ感はなく、まあ、こんなもんか、って感じ。

で、唯一美味しかった点は、パン!これトーストされたパンなんだけど、外はカリカリ、中はフックラ!ってかんじで、焼け具合がなかなかいい!

ちょっと調べたら322度で21秒トーストしてるそう。この高温がポイントみたい。これは、作り置きでは出せない美味しさ。

でもね、もともと、ジャンク・フードなんだから、やっぱその道を極めてもらいたい。自分はマックに健康食品を求めてないし、やっぱ、体に悪そ〜、って罪の意識で食べるのがポイントでしょ、ファースト・フードって!

で、また、この「Deli Choices」、買うか?って聞かれると、ウ〜ン、って感じだが、食べたことがなければ、1度ぐらいはトライしてもいいかも。マックのサンドイッチって、日本では売ってないから、お土産話にもいいかも?
[PR]

by funnyfelix | 2005-05-25 17:37 | syd-eat

CD・DVDを買うならピット・ストリート!中古編

以前に、ピット・ストリートにある10ドルCD屋とか、JB Hi-Fiとか、CD・DVDのお買得なショップを紹介したが、今回はその第二弾!

中古、新品問わず、安くCD・DVDを買いたいという人なら、ピット・ストリートへ!

このピット・ストリート沿いには、CD・DVD屋さんがいっぱいあるので、一通りこの辺りのショップを回れば、かなりお得にCD・DVDをゲットできると思う。

ここ最近、これらの店で買った商品を紹介がてら、お店を案内!まずは、中古CD・DVD屋さん。



a0030752_142175.jpg「Lawson's Record Centre」
380 Pitt St., Sydney
Ph 02 9267 3434

[CD] Moby/Hotel(2枚組)18ドル

このショップは、盤の研磨機を持っていて、程度の良くない盤は全て研磨機を使用しているので、今までキズキズの盤に当たったことがない。でも、値段はちょっと高め。

このMobyの新譜は、発売してすぐゲット!しかも、2枚組でこのお値段はお買得。サンプル盤だったが、中身やパッケージは全く通常に発売されている物と同じ。この店は、よくこういったサンプル盤が並んでいることが多いので、運がいいと発売直後のCDが格安でゲットできることもある。

で、大好きなMoby!期待が高かったけどアルバム的には前2作の方がベター。でも、今回は特別パッケージで2枚組。このアンビエントの方がメッチャいい!まさしくアンビエントって感じで、朝これベッドの横で流してると、ベッドから抜けられなくなるほど、心地いい。買うならこの2枚組の方を、お薦め。


a0030752_1425930.jpgRedeye Records
Shop 3, 370 Pitt St., Sydney
Ph 02 9262 9755

[DVD] Lemon Jelly/'64-'95 7.95ドル

通称「目ん玉レコード」。真っ赤な目玉の、ちょっとキショイ、マークでお馴染み。シドニーには3店舗。ここも、値段的には、かなり高め。しかも盤の状態もあまり良くないから、あまり買う機会はない。以前、2枚組のCDを買ったら、同じCDが2枚入ってたこともある。

で、リンク先のラグマさんお薦め、Lemon Jelly。このDVD、同名のCDに入ってる曲、すべての映像クリップが納められている。パッケージがなく、盤のみ(とはいっても、ちょっとシステマティックな入れ物に入っている)なので、このお値段。でも、8ドルは安くない?

既存の曲をモチーフにしていて、ポップな感じのエレクトロニックなサウンド。でも、エレクトロニックな割には、温かみがあって好き!


a0030752_1434874.jpgRevolution CD
Shop 1, 373 - 375 Pitt St., Sydney
Ph 02 9283 7511

[CD&DVD] Jack Johnson/In Between Dreams 16.95ドル

この辺りのCD屋さんでは、一番安い!シングル盤はすべて1ドル!ここも、今までは盤の状態はいまいちだったけど、今回買ったJack JohnsonのCDは、店のお姉ちゃん、「あらっ!この盤キズキズ!ちょっと待ってて」って言って、奥で盤を研磨機にかけてくれた。最近、研磨機を導入したみたいだから、買った時に盤を確認して、キズが酷いようだったら申し出るべき。

で、Jack Johnsonの新譜。もう前の2作もよく聞いているけど、相変わらず力の抜けた音楽で、変わり無い、って言っちゃえばそれまでだけど、天気のいい昼間に流すと、空気がカラッとしてきそう。このアルバムが今までの中で、一番好き!

最近の流行りで、このCDも、CDのみの通常盤と、DVDが付いた特別盤の2種類が発売されている。CDのみだと、新品で20ドルぐらいで売っているが、特別盤はどこでも30ドル以上するので、中古でこの値段は激安!新品の約半額!DVDには、アルバムの制作風景、日本でのコンサートや、サーフィン映画の「A Brokedown Melody」の映像が入っている。このDVD、日本向けなのか、字幕が英語と日本語が選べるようになっていたのは、ちょっと驚き。


a0030752_144233.jpgでも、彼、その映像を見ると、坊主に無精髭で、かわいい!サーファーで、ギタ−持たせたら、サラッと歌っちゃうなんて、モテモテ!だろうな…。

これら中古CD・DVD屋さんは、ピット・ストリートとリバプール・ストリートの交差点の近く。セントラル・ステーションの方に向かっていくと、さらに2軒くらい中古CD・DVD屋さんがある。
[PR]

by funnyfelix | 2005-05-24 14:00 | syd-buy

CD・DVDを買うならピット・ストリート!新品編

ピット・ストリートとパーク・ストリートには、10ドルCD屋が2軒ある。1つは、これまた以前紹介した「Dirt Cheap Cd's」。で、もう1つが…。


a0030752_1492648.jpgRockbottom Music
Shop 2, 250 Pitt St., Sydney
Ph 02 9264 9911

[CD&DVD] Jennifer Lopez/Rebirth 10ドル

この10ドルCD屋、最近よく利用する。何と言ってもCDのラインナップがいい。同じく10ドルCD屋の「Dirt Cheap Cd's」では、ヒットしてるCDは、10ドルではなく、15ドルで売られているが、その15ドルのCDが、この店では10ドルで売られている!チルアウト系の2枚組のアルバムも、中古CD屋で25ドルぐらいで売られているのが、10ドル!と、とにかく、まず、ここをチェックしてから、他の店へ行くべき!ってぐらい。ちなみに、DVDは10ドルか、15ドル。これも、他の店では絶対この値段では売ってないような価格。CDがメインで、数は少ないけどDVDも必見!

で、ジェニロペのCD!こんなCD買ったなんてJoeに知れたら、何言われるか…ってことで、Joeには内緒。でも、これDVDが付いた特別盤で10ドルは凄い!アルバムのドキュメンタリーと、シングル曲「Get Right」のPVが、2種類。実は、このPV、けっこう好き!ジェニロペがダンサーだったり、ウエイトレスだったり、一つのクラブの中のいろいろな人物になって出てきて、面白い!

この店も、売れたらそれまで、次の入荷は不明、みたいなところがあるから、気に入ったCDがあれば、即ゲット。

ついでに、JB Hi-Fi。ここは、よくセールをやってるので、まめにチェックすること。特にDVDがお買得。今だと、2枚組DVDのセールをしていて、「Day After Tomorrrow」の2枚組スペシャル盤が15.99ドル!通常盤の方は定価で30ドル以上しているので、もしレジにこの通常盤持ってたら、レジの人「スペシャル盤の方が、2枚組でさらに安いですよ」なんて教えてくれるのか、すっごく知りたい。でも、スペシャル盤が通常盤の約半額なんて、あり得ない!

でも、セールが終わると、当然のごとく価格は戻るので、ここも欲しいって思ったら、速攻ゲット。逆に、待っていればいつかはセールとして、安くなる可能性もあるので、今すぐ欲しい、ってDVDでなければ、ちょっと待ってみるのも手。

今、ドラマの「Six Feet Under」のシーズン1と2が、約半額の35ドルぐらになってる。前もセールしてたけど、それよりも安い!その前回のセールが終わってからは70ドルぐらいしてたから、諦めていたけど、今回の半額は魅力!ちょっと考え中…。

で、ピット・ストリートをそのJB Hi-Fiから、サーキュラ・キー方面に向かうとピット・ストリート・モールという、大きなショッピング・モールにあたる。そこにあるのが…。


a0030752_1485048.jpgHMV
Shop 1, Mid City Centre, 211 Pitt Street Mall, Sydney
Ph 02 9221 2311

[DVD] Matchbox Twenty/Show 14.99ドル

まあ、日本でも有名な「HMV」。CDやDVDのラインナップは、さすが大手、充実している。ここでは、よくCD2枚=25ドルとか、DVD2枚=30ドル、なんていう抱合せ販売!みたいなのをよくやっている。が、値段は高め!CD2枚=25ドルでも、ほとんど10ドルCD屋で買えるものばかり…。DVDも、JB Hi-Fiの方が絶対安い!唯一の利点は、ここでカンタスのクレジット・カードで買物すると、ボーナス特典が付くことぐらい。でも、1ドルに対して1ポイント…。まあ、いっぱい買えば、それなりに貯まるんだろうけど…。

って、安くもないんだけど、油断してると、たま〜に、エッ!って値段!

このMatchbox TwentyのライブDVD、パッケージはCDサイズなんだけど、なんと2枚組!で、このお値段!ウソッ!って感じで、お店で発見して、速攻ゲット!

通常の1枚だけのライブDVDは、JB Hi-Fiでも、セールで17ドルぐらいで売られているけど、この2枚組は30ドル以上!そう、半額!だから、高いってイメージがある「HMV」でも、チェックしてみると、意外な掘り出し物が見つかる!

日本ではMatchbox Twenty、そんなに人気ないみたいだけど、ロックってよりは、かなりポップな感じで、こちらではけっこう人気がある。このライブも、ヒット曲満載!

最近、ボーカルのRob Thomasが、ソロ・アルバムを発売していて、それもスッゴク気になる!このソロ・アルバムも、通常盤と、DVDの付いた特別盤の2種類での発売。結構、特別盤って弱いんだよね…、ついつい、通常盤より特別盤に惹かれて、高いけど買っちゃう!でも、そのDVDなんて、そんな見ることないのにね…。


って、ことで、CD・DVDを買うならピット・ストリートへ!
[PR]

by funnyfelix | 2005-05-23 14:08 | syd-buy

ガンバレ!カイリー!

って、ことで、カイリーの乳ガンのニュース。かなりの話題。

メールもいくつかもらって、日本からカイリーのコンサートを見るため楽しみにしていた人(完全にカイリーのコンサートが目的だったので、急遽飛行機をキャンセルしたそうです)とか、オーストラリアだけではなく、全世界的なカイリー人気。あらためて、ホントに人気があることを再確認。

でも、コンサートが延期になって、文句を言ってる人は誰もなく、みんな「早く元気になって」ってコメントが多数を占めているのも、彼女の人間性だと思う。

ブッシュから、そのカイリーにメッセージを送るサイトが送られてきたので、お知らせします。

カイリーへのメッセージ

この中で、今メルボルンの病院で診断中のカイリーのコメントがあって、多くのサポートに感謝してる彼女、カードやお花を贈りたいって尋ねる多くのファンに対して、その代わりに、僅かでもいいのでガンの為の団体へ寄付を呼び掛けている。

Kylie Minogue Breast Cancer Fund

a0030752_11462767.jpgで、延期になってしまったコンサート。せっかくなので、カイリーの過去のコンサートでもDVDで見ようと買ってきたのがコレ!

「Kylie Minogue: Intimate And Live」「Kylie Fever 2002 - Live In Manchester」の2つのライブDVDがセットになったもの。コレ、今こちらのSanityという、CD・DVDショップではセールで21.99ドル(約1800円!)。激安です!

「Fever」のツアーは、再ブレークした後なのでかなり大掛かりなステージになっているが、「Intimate And Live」の方は、人気が低迷していた頃のアルバム「Impossible Princess」が中心となったコンサートなので、割とシンプルなステージ。って言うか、お安い感じ!(いい意味で)

多分、内装から察するとシドニーのキャピタル・シアターだと思う。

でも、個人的にはこちらの方が面白かった!

PVにもなってる、アバの「Dancing Queen」をカイリーが歌っているんだけど、それに2人の男性ダンサーが一緒にステージに現われて、その2人、カイリーより派手なピンクの孔雀みたいな羽をつけて登場!

もう、このダンサー「カイリーと一緒に踊れて最高!」って感じのメキメキ感がビジビジ伝わってきて、生き生きしてる!

しかも、このダンサーの他の衣装が、黒のビキニにカウボーイのロディオ・パンツはいてたり、もう、あんたそれマルディグラの衣装でしょ!って格好で登場して、もう最高!

しかもラストは、「Better The Devil You Know」で、カイリーはもちろん悪魔の衣装なんだけど、ここでは2人のダンサー以外に、何十人っていうメール・ダンサーが赤のキラキラのショーツ+上半身裸!って格好で登場して、まるでマルディグラのダンス・パーティーでゲイに囲まれるカイリー!みたいなステージを繰り広げる!

もう、ほんとゲイゲイしいコンサート!機会があれば、是非見て欲しい!
[PR]

by funnyfelix | 2005-05-21 11:44 | cd/dvd

Star Wars: Episode 3 - Revenge of the Sith/スター・ウォーズ「エピソード3 シスの復讐」

a0030752_11451886.jpgはい、「スター・ウォーズ」今日から公開です。

一部劇場では、今日の深夜12時1分から公開されたそう。

まあ、今さらながら説明は不要だと思うけど、いわゆる第1作はエピソード4で、その後、エピソード6まで作られ、一応3部作(旧3部作)となっている。今回のエピソード3は、その旧3部作の前の時代を描いたもの。

当初、ジョージ・ルーカスは、3部作が3つで、全てで9作になる、なんて言ってたが、いつの間にか、全6作。今回のエピソード3で終了、ってことになっている。

まあ、噂はいろいろで、しばらくしたら、最後の3部作、エピソード7〜9まで製作するとか、もう歳だから、それは無理、だとか言われている。

本人は、今のところ「スター・ウォーズ」より、「インディ・ジョーンズ」の続編の方に興味があるらしくて、そちらの方の企画が進んでる模様。

で、「シスの復讐」。

よかった!この3部作では一番!って言うか、前の2作がひど過ぎ!

久しぶりに「スター・ウォーズ」らしい「スター・ウォーズ」を見た、って感じ。

あの1作目のエピソード4。これ、もう28年前!そう、まだ子供のころに、学校のみんなで大っきな映画館の一列を占領して見た記憶が蘇る。前の方の席で見たから、画面一杯に出てくる、あのロール文字とか、懐かしい…。

ともかく、「スター・ウォーズ」でストリーをはっきり覚えているのは、このエピソード4。後は、ほとんど忘れてる!で、今回のエピソード3は、そのエピソード4に繋がっていくので、見ていて本当に面白い!

それに、特撮はもう最高レベル!オープニングのバトル・シーンから、火山での対決まで、あのエピソード3から比べれば、どれだけ映像技術が進歩したか、驚愕するぐらい。

「スター・ウォーズ」って、もうそれだけで世界観みたいのが確立されてて、新しいキャラクターとか、特撮とか、大ファンでもなくても、十分ワクワクしながら見れると思う。特に、自分みたいに28年前に、エピソード3を映画館で見た人にとっては、かなり感慨深いと思う。

でも、やっぱジョージ・ルーカス、ラブ・シーンは相変わらず苦手なようで、かなり失笑するシーンもあるけど、まあ笑って許そう。全2作のように、それが映画の雰囲気をブチ壊しにしてるわけではないので。

おおむね、批評家にも好評なようで、大ヒット間違いなし!当然、コレ、大音響、大画面の映画館で見るべき映画。

ちなみに今回、初めてデジタル・フォーマットで見た。フィルムではなく、ダイレクトにデーターからの上映。当然、フィルムのつなぎ目もないし、画面、やっぱ綺麗!でも、ちょっと人物の際とかに、デジタルっぽいギザギザがあったけど、まあ、普通に見てるぐらいだったら気にならない。

劇場はお祭り騒ぎで、タイトル・ロールで大拍手!ダーズベーダー誕生シーンで、大拍手!もう、イベントです!


<イケメン・チェック!> R2D2(爆)
やっぱ、熊好きにとっては、ずんぐりむっくりのR2D2でしょ!スジ筋系のC3POではないことは確か!さる系のチューバッカって手もあるけど、やっぱR2D2!カワイイ〜!
[PR]

by funnyfelix | 2005-05-20 11:22 | movie

Bigger Breakfast

何度かカフェでの朝食を紹介してきたけど、コレ、凄いです!

先日のパール・ビーチに行った時に入ったカフェ。そのブレックファースト・メニューには…。

まず、ベーシックな「ブレックファースト」が、玉子(スクランブル、目玉焼きか、ポーチトから選ぶ)にトマト、ベーコンと、トースト。

次ぎ、「ビッグ・ブレックファースト」が、それにソーセージとハッシュ・ブラウンが加わったもの。

まあ、通常はココまで。

で、メニューをよく見ると、さらに「ビッガー・ブレックファースト」が!

なんと、さらにスモール・テンダー・スコッチ・フィレが!

そう、ステーキがさらに加わる!いったい、誰が朝っぱらから、ベーコンにソーセージ、それにステーキまで食うの?

こんなん、メニューに載せて、食べる人いるの?

ヒエ〜、恐ろしい!オーストラリア!

って、実はブログのネタにオーダーしようと思ったけど、ヤッパ、食べられません!朝からステーキ。

いつもの、スクランブル・エッグにマッシュルームをオーダー。

でも、最近よくオーダーするのが、ベジタリアン・ブレックファースト。これだと、ベーコンとか肉系は一切無く(当たり前!ベジタリアンだから)ベイクド・ビーンとか、ほうれん草の茹でたのとかが、トーストと一緒に出てくる。

まあ、カフェによって必ずあるとは言えないけど、朝から肉は…って、雰囲気の時は頼んでみる価値はあると思う。

a0030752_2162481.jpg

[PR]

by funnyfelix | 2005-05-19 21:07 | g-life