あの看板まで、虹色に染まる!

シドニーで一番有名な看板と言えば…

キングス・クロスのコカ・コーラのネオン看板。

なんと!その看板までも、レインボーにっ!

さすがマルディグラっ!

って、マルディグラのパレード直前に出現、したと思ったら、割とアッサリと普通の看板に戻ってました…

a0030752_21392094.jpg

[PR]

by funnyfelix | 2014-03-21 14:34 | Mardi Gras 14

てんこ盛り!キャバレー・ショー/THE JAMBLES RAMBLE SHOW

a0030752_21223017.jpg


マルディグラ、パレードやパーティーなどもいいけど、他にも様々なイベントがあって、今年、初めて行ったのが、キャバレー・ショー

って普通、ワンマン・ショー的なものが多いけど、今回のは…

まるで、テレビ・ショー!

こちらでも放映されている、BBCの人気番組「グレアム・ノートン・ショー/The Graham Norton Show」みたいに、ゲストが参加するキャバレー・ショー。

司会進行&もちろんシンガーでもある、ジェイムス君(James Wright)に4人のゲストが登場して、それぞれお喋りした後に、歌を歌うもの。

ゲストは、地元でキャバレー・ショーを行ってる人が中心なので、当然うまいです!

って、昔、一緒にキャバレー・ショーをしてた女性が今日は会場に来てます!なんて言って「お母さん、がんばって!」なんて掛け声とともに登場して、一緒に歌ったり、ジェイムス君と交遊のあるシンガーが飛び入り参加したり、いろいろなタイプの曲が聴けたのも、よかった。

トークも面白かったけど、それぞれの歌が、けっこう聴かせてくれて、感動。

全体に、ゲストのみんなも打ち解けた感じで、実にアットホームな雰囲気。

この日のメインゲストは、ボブ・ダウン/Bob Downe

ま、地元ではけっこう有名なコメディアンです。

a0030752_21224354.jpg


って、同じくマルディグラの公式イベントで、彼のショーもあって、けっこう広いシアターでショーを開くほどの人気。

当然、トークは大爆笑もので、かなりウケていました。

行く前は、どうかな?

なんて思っていたけど、Joeも自分も大満足!

このショー、定期的に行われているようなので、また、機会があればゼヒ行きたいね、と。

って、隣の席の女性から「1人じゃ食べ切れないから」って、フレンチ・フライもらったり、観客もホノボノしたアットホームな雰囲気でした。

THE JAMBLES RAMBLE SHOW
[PR]

by funnyfelix | 2014-03-19 21:19 | Mardi Gras 14

えーい、ついでだ、行っちゃえ!リカバリー・パーティー/Wonderland

こちらでは、マルディグラのパーティーの後に、リカバリー・パーティーって呼ばれるダンス・パーティーがアリ。

って、ダンス・パーティーの後の、さらなるダンス・パーティー!

ま、今年もソールド・アウトとなった「The Laneway」なんかもそう。

で、今年のリカバリー・パーティーの中でも大きなパーティーだったのが「Wonderland」

場所は、ルナ・パークで、昼過ぎからスタートのデイ・パーティー。

が、これが、チケット売れてなかったよう…

直前になって、チケット1枚に対して、特別にプラスもう1人入場可!

なんて前代未聞のアナウンスがあったり、

またまた直前に、会場の変更のアナウンスがあったり、かなりドタバタしてた模様。

結局、マルディグラのパレード翌日の日曜の午後2時から、

場所は、シティー中心の「ivy」に。(ここ、屋上にプールがあって、マルディグラのプール・パーティーの会場でもアリ)

で、行ってきました!

って、パレード、パーティーと、さすがに疲れ果てて、夕方までしっかり休みを取って、夜の8時ごろ…

会場となっている「ivy」、メイン道路のジョージ・ストリートに面しているんだけど、もう音がズンズンドンドンと道路まで聞こえていて、道行く人が「何事?」ってビルを見上げている…

で、中に入ると…

a0030752_215132.jpg


スレンダー系のマッチョの方々!

やはりマルディグラ・パーティーと比べると、圧倒的に年齢層が低い!

で、意外にアジア系が多く、一角がアジア・フロアーみたいになっていた。

ま、さすがに踊る元気もなく、ビール2杯飲んで、とっとと帰ってきました。(やっぱ、歳ね)

今回は雰囲気を楽しんだだけ。

にしても、ダンス・フロアーもびっちりの人で、みなさん翌日の月曜日は「病欠」ですか?ってほどの盛り上がり。

はー、踊りはしなかったけど、最後にしてようやくマルディグラを目一杯楽しんだ、って感じ。

なんか「怒濤のマルディグラ週末」って感じでした。


で、マルディグラのレポートが全て終わったら、トップ画像も変更しようと思ってたけど、ちょっとまだ少し続くので、先日のパーティーのショーの写真に差し替え。

あと、マルディグラのイベント2つぐらい紹介して、通常に戻ります。

ちょっと長くなったけど、もうすぐ今年のマルディグラ・レポートも終了です。
[PR]

by funnyfelix | 2014-03-13 21:55 | Mardi Gras 14

巨大ゲイ・ダンス・パーティー/Mardi Gras Party

ちょうど、マルディグラのパレードの終点となる、ムーア・パーク。

その隣にあるのが、エンターテイメント・クオーターという、コンサートなどが行われるイベント・スペース。

そこでパレードの後、夜の10時から行われるのが「マルディグラ・パーティー」

毎年「もう、ダンス・パーティーの時代じゃないでしょ」なんて、言われながらも、ゲイやレズビアンはもとより、パーティー好きなストレートにも人気のあるイベント。

Joeと知り合ったころは、ほんとよく行ってました。(過去形ね)

今でも、思い出すのが2002年の、デボラ・コックスがゲストで登場した年。

まさか生歌で「Nobody's Supposed to Be Here」が踊れるとは…

ほんとマルディグラのいい思い出の1つです。

で、ダンス・パーティー全盛のころは、チケットもメンバーのみの販売で、しかも売り切れ当たり前、って感じで、1998年には27,000枚のチケットが完売!

ま、さすがにここ最近は、2012年のカイリー・ミノーグがゲストで登場した年ぐらいが話題になったぐらいで、今年もソールド・アウトまではいかなかったよう。

それでも1万人クラスの巨大ゲイ・ダンス・パーティーで、「Royal Hall of Industries(RHI)」「The Hordern Pavilion」「The Hi-Fi」「The Dome」と4つのダンス会場があって、それぞれ違ったタイプの音楽がかかっている。

a0030752_1735861.jpg


で、今年、久しぶりに行ってきました!(さすがにJoeはお留守番ね。日本人のみのグループ、ってのもあったし)

パレードが終わって、一休みしてから、深夜12時前ぐらいに行ったんだけど、会場入り口横には麻薬調査犬がっ!

去年も、警察のドラッグの調査で、公衆の面前で裸にされて検査された、なんて苦情がでていたけど、ワンちゃんが自分の足下をすり抜けたり、来る人の近くを歩いているだけで、自分が見た限り特に検査されてる人はいなく、みんな普通に会場の入り口へ…

で、一番大きな会場は「RHI」

ま、巨大な体育館みたいなところで、ゲイゲイしいフラッグで飾られて(女の子2人ってフラッグもアリ)、レーザーなどライティングも綺麗です。

a0030752_1735217.jpg


ステージもあって、そこでゲストによるショーが行われます。

12時が、コートニー・アクト、2時がティナ・アリーナ、5時がサマンサ・ジェード、そして最後のショーが朝の8時(朝ね)マーシャ・ハインズと、地元スターによるショー。

今回見たのは、ティナ・アリーナとサマンサ・ジェード。

a0030752_17351534.jpg


ティナ・アリーナは、男性ダンサーを従えてのショーで、サマンサ・ジェードは女性ダンサーと、好対称でよかったです。

サマンサ・ジェード/Samantha Jade、2012年のオーディション番組「Xファクター・オーストラリア」で優勝したシンガーで、彼女の曲、ラジオなんかでよく流れています。

って、ごめんなさい、「Xファクター」は観てなかった… 「Voice」は観てたけど…

最近では、あのオージ・バンド、INXSをモチーフとしたテレビ・ドラマ「INXS: Never Tear Us Apart」で、カイリー・ミノーグ役を演じて、女優としても活躍中。

YouTubeで、動画を見つけたので、どうぞ!

)

)

本物の炎が吹き上がって、一瞬、消防法は大丈夫?なって、心配しちゃったり…

結局、シェールもこなかったけど、ま、盛り上がってましたね。

気の知れ合った友達と、久しぶりのダンス・パーティー。

「もうダンス・パーティーの歳でもないでしょ!」って、思ってたけど、マジ楽しかったです!

一緒に行った同年代の女の子(って、2児の母ね)から、「あと何年ぐらいパーティーに行けそう?」なんて聞かれたけど、「まだまだー!」って感じ?

ま、ダンス・パーティー絶頂期のような、衣装も凝りまくって、ゲイやレズビアンのパワーを思う存分感じられる「これぞ、マルディグラ!」って、そこまではなかったけど、それでもやはり、シドニーで最大のゲイ・パーティーであることには変わりはありません。

パレードにパーティーと、セットで楽しむのは体力が必要だけど、年に1回のことだと思えば、がんばれます。

巨大ゲイ・パーティーも、ぜひ!
[PR]

by funnyfelix | 2014-03-11 17:33 | Mardi Gras 14

シドニーが虹色に染まる!マルディグラ・パレード/パレード篇

a0030752_2101880.jpg


毎年、パレードの最初のフロートはレズビアンのバイク集団「Dykes on Bikes」

コレ、めちゃくちゃ盛り上がります!

パレードのコースを、逆走するように終点から出発地点まできて、折り返し終点までの1往復。

で、バイクの爆音に負けないほどの観客からの声援…

あー、また今年も始まった!って感じ。

その後は、アボリジニのグループ、そして今回のチーフ・オブ・パレード、Pollys clubが続きます。

a0030752_2103444.jpg


このポリーズ・クラブ/Pollys club、1964年からスタートしたゲイやレズビアンのソーシャル・グループ。

そう、なんと50年です!

定期的に、ダンス・パーティーを開催してるんだけど、ほんとにリラックスしたいい雰囲気で、ここぞとばかりに女装してくるオッサンとか、年齢層も幅広く、しかも70年代とか80年代の曲をバンバン流して、ほのぼのとした感じ。

ほんと多くのゲイに愛されているソーシャル・グループ。

ダンス・パーティーでは、学芸会(いい意味でね)っぽいショーとかもあって、これも全員が楽しんでいて、見ているこっちまでその楽しさが伝わってくるほど。

a0030752_2114268.jpg


で、その後は、「The 78’ers」

そう、1978年の最初のパレード参加者たちのフロート。

もうみなさんかなり高齢になって、バスでの参加です。

そして、マルディグラ事務局のフロート「Love Train」

先頭は、ほぼ裸状態のマッチョな男の子たちを引き連れた、コートニー・アクト。

a0030752_2114933.jpg


メイン・スポンサーであるANZ銀行も、大掛かりなフロートで参加。

a0030752_212623.jpg


次は、「The Bobby Goldsmith Foundation」

1984年にエイズによって亡くなったボビー・ゴールドスミス、ゲイのオリンピックで17個ものメダルを獲得したスイマーで、その彼の友人たちによって設立された、オーストラリアでも最も古いエイズ/HIVの慈善団体。

今年で、30年です!

HIVとともに生活する人々を30年にわたってサポートしたセレブレーション。

そして、障害者のグループも車椅子での参加。

a0030752_212090.jpg



a0030752_2124727.jpg


健康促進団体のACON。

特に、エイズ/HIVに対しての撲滅運動を行っていて、現在、結果が30分でわかるHIV検査を積極的に展開している。

実は、自分もこのHIV検査に行ってきました、これは、また後日レポートしますね。

ちょっと長くなるので、続きはクリック!
[PR]

by funnyfelix | 2014-03-07 21:21 | Mardi Gras 14

1万人が参加!シドニー・マルディグラ・パレード/プリ・パレード篇

a0030752_20364557.jpg


今年で36回目となる「シドニー・ゲイ・アンド・レズビアン・マルディグラ」

その最後のハイライトとなる「パレード」が3月1日、シドニー中心部のオックスフォード・ストリートからフリンダース・ストリートで約2時間にわたって行われました。

今年は、フロート数が144!

参加者は1万人ですが、実際に応募のあったのは1万2,000人近くで、運営の問題から約2,000人を断ったそうで、年々イベントの規模が大きくなっています。

そのシドニーでも有数のイベント、沿道では20万とも30万ともいわれる人たちが歓声を送ったわけですが、昨年のような警察との大きなトラブルもなく無事終了。

まずは、パレード前の様子から…

a0030752_20365421.jpg


以前、パレードに参加した友達から「一番楽しかったのが、パレードの前!」

って言葉からも分かるように、全てのフロートと参加者が待機している場所は、ハッピーな空気で一杯。

他のフロートの人たちと記念写真を撮ったり、本番さながらの大音響とともに、最後のダンスの振り付けを確認したり、それに他のフロートの人までも加わっちゃって、すでにダンス・パーティー状態になってるところも…

で、やはり目に付いたのは、ロシアの同性愛に対する弾圧政策に対する批判をするフロート、すぐ分かっただけでも3つほどありました。

a0030752_2037190.jpg


にしても、露出率高し!

a0030752_20372217.jpg


実は、昨年、警察とのもめ事の1つに、レザー・グループの人が、皮パンツをはいていたけど、お尻が丸見えになっていて、警察から注意を受けた、ってのがあって、今年は、警察の中で、ちゃんと統制がとれていたのか「お尻問題」今年は大丈夫だったようです。

a0030752_20371220.jpg



で、右側の彼、誰だかわかります?

a0030752_20372712.jpg



あの、昨年、大問題になった、暴力を振るわれ警察に連行されたジェイミー君です。

その後、警察は彼に対する訴えを破棄して、彼が罪に問われることはなくなったけど、なんとまさかの…

歌手デビュー!

いきなり、マルディグラ直前のニュースで、まじビックリ!

彼は、いまだに警察官を見ると目を伏せたり、あの事件はトラウマになっているようで、相手の警察官を訴える、という話もアリ。

そんな中での歌手デビュー!

で、今年はフロートにも参加!

うーん、確かに10代でまだ幼い、とは言っても、もし少し自分のキャリアとか考えるべき。

と言うか、まわりにいる大人が、ある程度の進むべき方向を示してあげるべきだと思う。

いくらあの事件で注目を集めて、自分に俳優や歌手志願があったとしても、もっとうまい進め方はあったはず。

やはり、風当たりはけっこう強そうで、今回の歌手デビューでも、いろいろと言われているみたいだけど、個人的には、やはりまだ10代、もう少し優しい目で見守ってあげたら?って感じ。


ってことで、7時をまわるころには、道路からバイクの爆音が…

<パレード・レポートへつづく>
[PR]

by funnyfelix | 2014-03-05 20:34 | Mardi Gras 14

Happy Mardi Gras 2014!

ということで、無事今年のマルディグラも終了。

例年のごとく、レズビアンのバイク集団「Dykes on Bike」で始まったパレード。

心配された雨は、なんとか大丈夫…

予定より早めに終わって、最後のフロートが出発した直後からパラパラと雨…

ま、最後は雨模様だったけど、無事、マルディグラ・パレード終了しました。

詳しいレポートは、また後日。

今年は、がんばってマルディグラ・パーティーも久しぶりに行ったので、そちらもレポートします。

2月は忙しく、思ったようにブログが更新できず、おそくなりましたが、マルディグラの他のイベントなども順次アップしていきます。

とりあえず、イベントが無事終了した、ってことで。

マルディグラも終わって、ちょっぴり秋らしくなってきたシドニーです。

a0030752_16393890.jpg

[PR]

by funnyfelix | 2014-03-03 16:40 | Mardi Gras 14

噂を信じちゃいけないよ、私の心はうぶなのさ

水曜の夕方、シドニーのゲイの間で、瞬時に広がった噂。

「おカイリー様が、ベアーズフォード・ホテルに?!」

さっそく友達から、どお、見に行く?なんて聞かれたけど、ほんと忙しくて、まったく時間が取れず残念ながら、パス。

って、もともとシドニーに戻って来たカイリー・ミノーグがTwitterでつぶやいたことで、マルディグラの事務局がそれに対して、ベアーズフォード・ホテルへ来ない?

で、行くわー

となって、そのツイートを見たファンが集まった模様。

そのベアーズフォード・ホテル、オックスフォードの近くにあって、以前は場末のバーっぽい雰囲気だったのが、巨額のお金をかけてリノベーション、もうびっくりのお洒落バーに変身。

正確にはゲイ・バーではないけど、ゲイ・イベントもあって、ゲイにも人気のバー。

マルディグラ最後のダンスパーティー「The Laneway」の会場でもあるよ。

で、結局は、おカイリー様、新曲の「Into The Blue」1曲だけ歌っただけだけど、「マルディグラ、楽しんでねー」なんてコメントも。

(↓仕草が妙にカワイイ、熊さんとカイリーのセルフィー!)




この時期にシドニーってことで、おカイリー様、またまたマルディグラのパーティーにスペシャル・ゲスト?なんて思ったけど、それはなさそう。

で、すでにパーティーのゲストとして発表されているのが、ティナ・アリーナ。

ま、昨年のゲスト、デルタ・グッドレムに続いて、オージー産ディーバ、って感じ。

他にも、ゲストとして発表されているのが、こちらのオーディション番組の優勝者だったりで、いまいちインターナショナルな感じは、なし。

で、ここ最近、噂になってるのが、シェール。

はい、あの、シェールです。

今月上旬に、マルディグラが、シェールのトリビュート・ビデオを制作して、さらにマルディグラのイベントで、シェールの娘から息子になったチャズ・ボノが、シドニーに滞在中、ってことで、親子でステージに!なんて。

(↓ちょっと化け物系入ってるシェールもいるけど、これがマルディグラが制作したビデオ、ここをクリック!

a0030752_1150105.jpg


が、ボノの話では、シェールは3月から始まるツアーの準備で忙しそう、と。

まだ、パーティーのチケットはソールド・アウトしてないから、マルディグラとしては、1枚でも多くチケットを売りたいはず。

もし、シェールが来るなら、シークレットではなく、正式に発表して、チケットの売上を優先しそう。

過去、赤字を出すことの多かったマルディグラ、黒字化をめざすなら、やはり「地元」の人気のアーティストを使うのが懸命。

昨年も、発表されていたゲストのみで、サプライズはなく、やはり、シェール、噂で終わりそうな感じ?

って、来てくれたら嬉しいけど!

でも、ま、息子のチャズ・ボノ、パレードには参加しそうかな?以前、見に行ったサンフランシスコのプライド・パレードにも出てたしね。

(↓サンフランシスコのプライド・パレードのチャズ・ボノ)

a0030752_11501860.jpg


そうそう、朝のテレビ番組にも、パーティーのゲストでもあるコートニー・アクト(シドニーで有名なドラァグ・クイーン、ってより、エンターテイナーかな?歌唱力もあるしね)と一緒に出演してたけど、かなり痩せて、男前アップ!

やっぱ、声はちょっと気になるけど、どう見ても、元女性だとは思えません。

a0030752_1150251.jpg


ってことで、先週には大手の新聞にも、シェールの噂話がでていたり、テレビにもマルディグラ関係の人たちが登場したり、やはりマルディグラ直前、って感じ。

a0030752_1155585.jpg



今日は朝からあいにくの天気…

とにかく、雨だけは降らないで!って感じ。

って、ことで、今年のパレード成功することを願って。

Happy & Safe Mardi Gras!
[PR]

by funnyfelix | 2014-03-01 12:04 | Mardi Gras 14

12年振りに復活!テレビでもパレード!

自分がシドニーに来たころは、マルディグラのパレード、テレビで中継されてました。

ビデオ録画した記憶が(ビデオね)…懐かしい

で、いつしか、テレビ中継もなくなり、ちょっと寂しい思いをしてたけど、復活です!

って、ここ最近は放映されてるでしょ?って声が聞こえてきそうだけど…

それは、有料テレビ。

気軽に家のテレビでは見れませんでした。

で、今年、SBS2で放映されることが決定!

12年振り、だそう。

生中継ではないけど、コメンテーターとか、インタビューとかもあるみたいで、パレードを直接見た人も楽しめる内容だと思う。

パレードの翌日なので、ってことは日曜の夜なので、パーティーに行った人もリカバリーがてら、どうぞ!

3月2日(日)
午後8時半〜
SBS2
[PR]

by funnyfelix | 2014-02-26 21:49 | Mardi Gras 14

不満、続出!ハーバー・パーティー

a0030752_2101996.jpg


先週の土曜に行われた、マルディグラのビッグ・イベントの1つハーバー・パーティー/Sydney Mardi Gras Harbour Party。

屋外、しかもシドニー湾を一望できるロケーションで、パーティー好きな人たちから「ベスト・パーティー」と呼ばれることも多く、チケットもすぐに売り切れるほどの人気。

時間は、午後の3時から夜11時までで、ハーバーブリッジ、オペラハウスといった、絵葉書ののような景色、それも夕方から夜景まで楽しめるのもポイント。

今年も、心配された天気も問題なく、盛り上がった…と思ったら

ダメだったそうです。

行った友達によると、まず音量。

ダンスパーティーといえば、大音響で、って思うけど、これがかなり小さかったようで、通常、会場に入る前からドンドン、ズンズンと音が聞こえてくるんだけど、それもなかったみたい。

で、さらに選曲にも問題があったみたいで、ダンスミュージックというより、ラウンジ・ミュージックといった感じの、チルアウト系のセレクションだった、と。

あまり踊る雰囲気ではなかった、と。

ま、フェイスブックとかツイッターでも、みんな続々と不満を書き込んだみたいで、(このあたりが、やっぱ時代だよね)

ついに、マルディグラの事務局も公式の文書を発表。

多くのフィードバックを元に来年のハーバー・パーティーを考えていきます、と。

昨年のハーバー・パーティーで、近所の住民から騒音の苦情がかなり出てたみたいで、それで、今年はかなり音に関してはシビアになってたみたい。

他の人のコメントなんかみてると「毎年楽しみにしていたけど、もう来年からは行きません!」なんてのも。

写真は、友達からのものだけど、綺麗な景色を見ながら、まったりするのはよかった、と。

音楽もそんな感じだったし、って、それじゃダンス・パーティーじゃないでしょ。

前から言われているけど、この手の大掛かりなダンス・パーティー、曲がり角にきてるのかも?

やはりチケット代が100ドル超えるものは、ちょっとね…
[PR]

by funnyfelix | 2014-02-24 21:00 | Mardi Gras 14