体験!30分でわかる、HIV/エイズ検査

マルディグラのパレードでも紹介した、シドニーのHIVのサポート団体ACON(AIDS Council of New South Wales)。

HIV撲滅のため、様々なイベントや活動を行っている。

で、その1つが無料のHIV/エイズ検査。

ちょうどマルディグラの時期に合わせて、パレードのコースにもなっているオックスフォード・ストリートで、結果がその場でわかるHIV/エイズ検査を期間限定で行っている。

で、行ってきました!

場所はテイラー・スクエアーの近くで、期間限定といえど、内部はオレンジを基調としたインテリアで、お洒落な感じ。

a0030752_17134557.jpg



やはり、「大丈夫だ」とは思いながらも、検査の前は緊張するもの。

スタッフの人たちがフレンドリーで、リラックスした雰囲気の中での検査でした。

まず、コンピュータ画面に、自分で連絡先などを入力。

メディ・ケア(国民健康保険)を使うこともできるし、使わなくてもOK。検査結果は、メディ・ケアに通達はされません。

後で、スタッフの人に聞いたけど、この検査の目的が「ゲイ男性に対する調査」であるので、ゲイ男性であれば、誰でも(旅行者でも)、無料で検査を受けることができます。

で、今回受けたのが、結果がその場でわかるHIV検査と、さらに、結果に1週間かかる梅毒、C型肝炎、クラミジアや淋病など性病全般に関する検査。

まず、その30分(実際にはもっと短時間)でわかるHIV検査は、指先に針のようなものでプチュとして、血液を1、2滴スポイドで吸い取り、それを試験皿のようなトレイにたらすもの。(痛みはほとんどナシ!)

ほんと採血は、1分程度です。

マルデグラのパーティー、行った?」なんて話をしているうちに終了。

で、性病全般に関する検査は、尿のサンプルと、肛門に綿棒を挿入!

って、その場で行うわけではなく、近くのオックスフォード・ホテルのトイレで、自分で。(今回の場所にはトイレがないので)

尿のサンプル用のカプセルと、長めの綿棒を渡されて各自で移動。

で、それらを持ち帰ってから、腕からの血液の採集と、口をあけて喉のあたりを綿棒でグリグリ。

その頃には、先に行った指から採血した検査結果がでているので、それを聞いて終了。

結果はネガティブ(陰性)。

ホッ

で、性病全般に関する検査の結果は、携帯のテキスト・メッセージで送られてくる。(これは、最初のコンピュータ画面の入力で選べるようになっている)

全ての検査、ほんと30分ほどで終了。

1週間後に携帯に送られてきた検査結果も、すべて問題はなく、一安心。

今回は、ついでに性病全般に関する検査も行ったけど、結果がその場でわかるHIV検査のみなら、指先からの採血、それもほんの1、2滴で、結果もすぐわかるので、あっと言う間に終わりそう。

自分は、予約も無く飛び込みで行って、運良く待たされることもなかったけど、サイトから予約もできるので、行く人はまずはサイトを見てください。

Temporary Free Rapid HIV Testing
期間:2月10日〜3月22日(あと約1週間です)
場所:118 Oxford St., Darlinghurst
時間:11am - 7pm (月 - 土)

詳しくは、ココをクリック!

それにしても、昔から比べると、随分と便利になりました。昔は、結果を聞く為にわざわざ1週間後に病院に足を運んだり、検査の結果を待つ1週間がやたら長く感じたり…

無料だし、検査も簡単なものなので、今まで検査をしたことのない方など、この機会にぜひ。

せっかくなので、自分のように性病全般に関する検査もぜひ。
[PR]

by funnyfelix | 2014-03-16 17:18 | g-news