エアチケット、払いたくない手数料を回避する方法

a0030752_014649.jpg



今年のホリデーのエアチケット、単純な1都市往復ではなく、周遊ということになったけど、いろいろと調べてる間に、いろいろな発見アリ!

メモ代わりに、ちょっとその流れを…

はじめに、ただし書きとして、出発の日にちが違えば、当然、金額も違うし、時期によってセールが行われていたりするので、今回自分が調べた時の金額、ってことで、あくまでも参考程度にね。また、何か間違っていれば知らせてください。


まず、今回のエアチケット、ルートは以下。

シドニー → ミラノ → 日本 → シドニー

これで最初に思いついたのは、シドニーから、JALで日本経由でヨーロッパへ、そして、帰りに日本でストップオーバーするもの。

が、JALのサイト、シドニーからヨーロッパ行きは、ロンドン・パリ・フランクフルト・モスクワ、これだけしか選べない!

しょうがないのでロンドン往復、帰りに日本でストップオーバー、ってパターンで検索。

ハイ、3,000豪ドル超え!なしね


で、次にカンタス。

こちらは、シドニー → ミラノ、日本 → シドニーはOKだけど、ミラノから日本への便がなく、周遊としてサイトでは表示されなかった。


で、次にサイトの旅行代理店関係で調べてみたけど、これも会社によって、単純な1都市往復だけの検索しかできず、周遊チケットを検索できないところが多かった。

そこで、さらに調べ、いくつか周遊チケットを検索できるサイトを見てみたら…

Air China/中国国際航空で、なんと1,800ドル台の金額がっ!

が、すべての便(シドニー → ミラノ、ミラノ → 日本、日本 → シドニー)が、いちいち中国で乗り換え。乗り換えの回数が多いのでパス。

その次に出ていたのが、2,200ドル台で、British Airways/ブリティッシュ・エアウェイズとJALとの便。

実際、この便で決定しかかったけど、直接その代理店に電話してみると、カードでの支払いに2%チャージされたり、座席の指定に追加料金がかかることが判明。さらに、返金不可の予約金が必要だったりと…

さらに個人的に、代理店ではなく、直接航空会社からチケットを購入できるなら、そちらの方を選びたかったので、保留にして、さらにサイトを検索。


で、直接、ブリティッシュ・エアウェイズのサイトで検索してみると…

確かに同じ金額で表示されたけど、なぜか、最後の日本 → シドニーが、シンガポール経由になっている!(前記の代理店では、日本 → シドニーはJALの直行便)

これまた、乗り換えの回数が多くなるのでパス!


で、最後、Expedia(オーストラリアのね)で、検索したら…

カンタスとエミレーツで2,100ドル台がっ!


で、Expediaではなく、直接エミレーツのサイトで再検索してみると…

ハイ、同じ金額でありました!

ってことで、エミレーツのサイトで、めでたくエアチケット購入。


となったけど、この後、座席リクエストを行ったら、面白いことがっ!

エミレーツ、座席リクエストは無料!

フライトは、基本エミレーツなんだけど、最後の日本 → シドニーだけは、カンタス便で、便名もQFとなっていたので、この便だけ、直接カンタスのサイトで座席リクエストを行った。

エミレーツからは、カンタス用の予約コードがもらえて、それでログイン。

実は、カンタス、国際線の搭乗24時間前からは無料で座席指定ができるけど、それより前に座席リクエストをするには25ドル!必要!

で、てっきりカンタス便だし、25ドル必要だと思ったら…

無料でした!


そこで、ちょっと考えました…

今回は、周遊だったけど、仮にシドニー・ミラノを往復すると仮定したらどうなるか?

と言うのは、昨年からエミレーツとカンタスは業務提携を行って、シドニーからミラノを往復すると、ドバイ経由になる。

で、その便はエミレーツとカンタスのコードシェア。(多くの便が、エミレーツのオペレーション)

つまり、シドニー・ミラノ往復を、カンタスのサイトで購入しても、エミレーツのサイトで購入しても同じ便になる。料金も、調べたら同じ料金だった。

が、カンタスで購入すると、様々な手数料がっ!

これけっこう問題になってるんだけど、カンタスで国際線をクレジット・カード支払いすると30ドル!

さらに事前座席リクエストも有料となると、最終金額は、カンタスの方が高くなることに。

ま、カンタスのフリークエントフライヤーの会員なら直接カンタスからチケット購入した方が、ポイントやステイタスクレジットなどが加算されるけど、エミレーツからの購入でも、ステイタスクレジットはダメだけど、ポイントは加算されるようなので、このあたりにこだわりが無ければ、エミレーツからの購入の方が、余分な手数料を払わなくて済む、ってこと。

うーん、ほんとにオーストラリアって、何でも高いけど、さらにこのような手数料が加わるので、ネットでの買い物など、最後に「何で?」ってなること、多し。


先日、あるイベントのチケットをサイトで購入した時のこと。

最後に、当然のようにクレジット・カード手数料、プラス

で、さらにチケットの手数料が7ドル、プラスされてたんだけど、これって最近よくある、PDFのデータを自分でプリントアウトして、チケットとして当日持参するもの。

これが、チケットを郵送して、その郵送代、とかだったら納得できるんだけど、PDFデータをメールに添付するだけでしょ?発送業務もなく、正直、これで手数料をとられるのは納得がいかなかった。

印刷も、こちらにさせるんだしね。

で、50ドルのチケットが、結局60ドル近くに!20%増し!

さらに、サイトによっては、チケット1枚に付き、それぞれ手数料がかかったりすることもあるから、まとめて買っても、手数料はそれだけ増える、ってこともアリ。

もうシドニーに住んでる限り、諦めるしかないんだけどね…


一時、ニュースで、小売店で買い物せずに、海外からネットで購入する人が激増してる、って言ってたけど、同じ物やサービス、航空券でも、ネットなどで海外で買えるなら、海外で買ってしまうのは十分理解できる。

時として、物の場合、送料も国内より安かったりするしね。
[PR]

by funnyfelix | 2014-01-26 22:12 | syd-buy