夏だ!ビーチだ!〜Lady Jane Beach編

シドニーに来て驚いたことの1つが「ヌーディスト・ビーチ」。別に勝手に「ヌーディスト・ビーチ」にしてる訳ではなく、ちゃんと許可されているので、ここで裸になっても違法行為にはならない。

一番行きやすいヌーディスト・ビーチが、Lady Jane Beach。ワトソンズ・ベイの近くにある、小さなビーチ。

a0030752_19121085.jpg


シティからだと、サーキュラ・キーからワトソンズ・ベイ行きのフェリーに乗るのがお薦め。何と言っても、フェリーに乗れば、シドニー・ハーバー観光ができて、オペラ・ハウスにハーバー・ブリッジという絵葉書のような写真もフェリーから撮影することが可能。

ワトソンズ・ベイには、フィッシュ&チップス屋もあって、ザ・ギャップという南太平洋に面する断崖絶壁や、シティを一望できる高台など、それだけでも行ってみる価値があるところ。

a0030752_19123911.jpg


で、Lady Jane Beachはフェリーを下りて、そのまま真直ぐ Military Rd. を上がって突き当りの Cliff St. を左へ。そのまま道を行くとキャンプ・コーブというビーチにたどり着くので、そこから右手の小さな道をさらに進む。しばらく行くと、Lady Jane Beach という看板があるので、その階段を下ったところ。

ただここは行きやすくて、一般の観光地ワトソンズ・ベイに近いということもあり、ヌーディストを見に来る観光客も多い。このビーチは、すぐ上に遊歩道があるので、上から下のビーチを覗くことが可能。だから、観光客の人が、この遊歩道から下を見てることが多い。それに海上からも、観光船がやってきて、ビーチのかなり近くで止まって「ここがヌーディストです!」なんてアナウンスしてたりする…。

それに年齢層も高めなので、あまりお薦めではない。まあ、フェリーに乗ってワトソンズ・ベイ観光のついでに覗いてみるぐらいならOKかも。

このLady Jane Beachをはじめ、ヌーディスト・ビーチは一般のビーチより、ちょっと外れたところにあるので、行く時はウォーター・ボトルとサン・スクリーンは忘れないこと。水着は忘れても問題なし(!)

で、おもしろいのが、売店が近くにないので、なんと海上からアイスクリーム・ボートと呼ばれるボートが、アイスクリームやドリンクを売りにくること。ビーチにこのボートがやってくると、ドリンクを買いにヌーディストが裸(もちろん)で列になって順番を待ってたりする!なんだか見ていて微笑ましい光景!

それから、このビーチは午後の早い時間から日陰になるので、行くなら午前中に。帰りのフェリーの時間もしっかり確認!乗り遅れたら帰りはバスでシティまで戻ってくることも可能。


Watsons Bay
フェリーは、サーキュラ・キーWharf4から、ワトソンズ・ベイ行きが発着。
バスは、サーキュラ・キーから325番、324番、L24番。ちょっと遠回りになるけど、オックスフォード・ストリート、ボンダイ・ビーチ経由の380番、L82番もOK。


夏だ!ビーチだ!~Bondi編

夏だ!ビーチだ!〜Obelisk Beach編

夏だ!ビーチだ!〜Little Congwong Beach編

夏だ!プールだ!
[PR]

by funnyfelix | 2004-12-20 19:13 | g-info