シドニーにオープン。ジェイミー・オリバーのレストラン/Jamie's Italian

ここシドニーでも大人気のイギリス人シェフ・ジェイミー・オリバー。

自分も彼の料理本を何冊か持っていて、先日もイギリスのアマゾンから最近の料理本を購入したばかり。

過去には、彼のシェーカーも買ったりしている自分。

で、その彼のイタリアン・レストランがシドニーにオープン!

って、メルボルンには、テレビ番組にもなった「Fifteen」が5年ほど前にオープンしてるんですが… 閉店したみたいです。

a0030752_20181915.jpg


ってことで、今のところオーストラリアで1軒のみのジェイミーのレストランは「ジェイミーズ・イタリアン/Jamie's Italian」

本国イギリスでは20店舗以上もあるイタリアン・レストランで、イギリス以外では、ここシドニーと、ドバイのみ。

前にシティーを歩いている時「近日オープン」って看板が出ていたけど、10月24日にオープンしました。

入り口は狭いので見落としそうになるんですが、中は奥に広く180席もあり、時間を外せば意外とすんなり席は取れそうです。

予約は6名以上からしか受け付けてなく、カップルで行く場合など、満席の場合は待つ必要アリ。

場所は、ウインヤード駅の近くで、オフィスの集まる場所。でも、自分たちが行ったのが土曜で、それも6時前だったので、家族連れが多かったです。

で、メニューですが、「イタリアン」と言ってる割にはオージーが大好きなピザはなく、パスタが中心。

そのパスタは毎日店で作られるフレッシュ・パスタで、オントレ・サイズ(小)とメイン・サイズ(大)と選べるようになっています。

今回は、早めの夕食であまりお腹が空いていなかったので、2人で、アンティパスト1品、オントレ・サイズのパスタとリゾットを各1品、それにサラダを1品オーダー。

a0030752_20182770.jpg


まず、サービスで出てくるのがパンの盛り合わせ。ウエイトレスの女の子が小皿にオリーブオイルとバルサミコ酢を入れてくれます。

パンには、ペストがかかっていて、オイルを付けなくても十分おいしい!

で、アンティパストはライス・コロッケのアランチーニ(Smoky Scamorza Arancini)。これが、スモークしたモッツァレラ・チーズにポルチーニが入っていて、カリカリとした食感でマジウマ。

リゾットは、サフランとパルメザンのリゾット(Risotto Milanese)で、すっごくクリーミー。真ん中には、ローストした牛の髄骨がドーンと!

レモンの風味も隠し味にあり、すべての味が見事な調和。さすがジェイミー!ってメニュー。

で、肝心なパスタなんですが、イカのパスタ(Cuttlefish Paccheri)をオーダーしたけど、パッケリと呼ばれるチューブ状のパスタ、茹で時間が足りないような…

ま、伸び切ったウドン・パスタよりはいいんですが、ちょっとアルデンテにしては固過ぎかな?

それに、すっごく待った。アンテパストからパスタが出てくるまで40分ぐらいかかったような…

ま、オープン直後だし、オペレーションがまだまだ、って感じかな?

でも、ウエイトレスのサービスはフレンドリーで気持ちのいいものだったし、「蟹とイカスミのリゾット」とか、まだまだ食べたいメニューがいっぱいあったので、リピートは確実。

そうそう、サラダ(Crunchy Salada)も短冊状のニンジンとビートルートにチリとミントに、それにジェイミーといえばオリーブ・オイル、ってことで、オリーブ・オイルで和えらた、これまた「ジェイミー味」って感じのサラダ。シャキシャキした食感もマル。

ナフキンにちゃんとジェイミーの名前が入っていたり、ベスパのイラストのザラ紙を使ったプレゼンテーションも、センスがあってマル。

a0030752_20183561.jpg


で、トータルの合計が40ドルちょっと!

ま、ワインとかドリンクのオーダーなく、メインがオントレ・サイズってこともあるけど、この手のレストランとしては、かなりリーズナブルな値段設定。

で、このジェイミー・オリバーのレストランと同様、話題になっているのが、あのニューヨークで超有名レストラン「モモフク/MOMOFUKU」が、先日シドニーにオープンしたこと。

場所は、最近大規模なリノベーションを行ったカジノ「The Star」の中。

が、この「momofuku seiōbo」のディナーのテイスティング・メニューが175ドル、それにマッチング・ドリンクが95ドル、ってことで、300ドル近くの値段設定!

ニューヨークにある「モモフク」の中でも高級路線の「momofuku ko」と同レベルで、個人的には「ヌードル・バー」のような気軽な店をオープンして欲しかったかな。

ってことで、ニューヨークの「モモフク」、イギリスの「ジェイミーズ・イタリアン」が1カ所で楽しめるのは世界でシドニーのみ!

グルメ旅行としてのシドニーも十分アリかと。


Jamie's Italian
107 Pitt Street Sydney
Ph 02 8240 9000
[PR]

by funnyfelix | 2011-10-30 20:23 | syd-eat