「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

きゃりーぱみゅぱみゅ、シドニーに、キタ──ヽ('∀')ノ──!!/Kyary Pamyu Pamyu

a0030752_23492482.jpg


『NANDA COLLECTION WORLD TOUR 2014』真っ最中のきゃりーぱみゅぱみゅ、ついにシドニーにっ!

って、2回目のワールド・ツアーだけど、南半球初!

もち、シドニーも初登場の、きゃりー。

当初、コンサート会場はシティ中心にある、METROで予定されていたけど、チケットがアッと言う間にソールド・アウト。

って、メトロ・シアターって、そんな大きなライブ・ハウスではなく、自分もコンサートの話を聞いた時には、すでにチケットは完売。

で、あまりにチケットが売れたため急遽、会場を変更。

ニュー・サウス・ウェールズ大学内にある、Roundhouseへっ!

ってことで、名前の通りの丸い建物のホールだけど、キャパは2,000人以上になったので、追加チケットを発売。

で、ようやくチケットをゲット。

が、なめてました、きゃりー。すみません!

結局、当日券も発売されて、ソールド・アウトにはならなかったので、多分、日本人ばかりで、オール・スタンディングだから、会場の後ろの方は人がいないんだろうな…

なんて思って、7時から、って書いてあったので、直前の10分ぐらい前に会場に到着。

がっ!会場にはすでに長い長い列がっ!

って、それも半分ぐらいは白人、で、残りはアジア系だけど、日本人比率は、意外と少なそう。

って、これまた、青い目をしたきゃりーがいっぱい!って感じで、みんな大きなリボンをつけたり、ピンクのドレスだったり、ここはコスプレ会場?ってぐらい、会場に来ている多くの女の子が、きゃりーチックな格好。

正直、ビックリ!

こんなに人気なの?って、マジに人気です!

ま、圧倒的に若い人で、カップルやグループが多かったけど、これほど地元の人が来てるとは思いませんでした。

で、7時過ぎから開場となったけど、なんせ長い長い列。

結局、自分が会場に入ったのは7時45分ごろ。それでも、まだ自分の後ろは長い列だったので、全員が会場に入ったのは8時近くだと思う。

会場は、ほぼ満員!

自分も、かなり後ろの方でしか場所が取れないほど。

a0030752_23502229.jpg



で、コンサートが始まったのが8時15分ごろ。

もう、みなさんノリノリです。

英語の挨拶をカンペを見ながら、なんとか乗り切って、後のトークは日本語メインだけど、「にんじゃりばんばん」の振りを会場みんなで練習したり、とにかく盛り上がっていました。

衣装も3回ぐらい変えて、最後は会場でも売っていたTシャツ姿で登場。

トータル1時間半ちょっとのコンサート。

日本で、きゃりーのコンサートは見たことがないから比べようがないけど、大成功と言えるんじゃないでしょうか?

会場を変えたのも正解だったと思う。

ま、どう考えても会場の平均年齢を1人上げてるオッサン、まわりからも白い目で見られることもなく「つけまつける」、一緒に熱唱してきました… ハァ…



[PR]

# by funnyfelix | 2014-03-23 23:57 | syd-event

あの看板まで、虹色に染まる!

シドニーで一番有名な看板と言えば…

キングス・クロスのコカ・コーラのネオン看板。

なんと!その看板までも、レインボーにっ!

さすがマルディグラっ!

って、マルディグラのパレード直前に出現、したと思ったら、割とアッサリと普通の看板に戻ってました…

a0030752_21392094.jpg

[PR]

# by funnyfelix | 2014-03-21 14:34 | Mardi Gras 14

てんこ盛り!キャバレー・ショー/THE JAMBLES RAMBLE SHOW

a0030752_21223017.jpg


マルディグラ、パレードやパーティーなどもいいけど、他にも様々なイベントがあって、今年、初めて行ったのが、キャバレー・ショー

って普通、ワンマン・ショー的なものが多いけど、今回のは…

まるで、テレビ・ショー!

こちらでも放映されている、BBCの人気番組「グレアム・ノートン・ショー/The Graham Norton Show」みたいに、ゲストが参加するキャバレー・ショー。

司会進行&もちろんシンガーでもある、ジェイムス君(James Wright)に4人のゲストが登場して、それぞれお喋りした後に、歌を歌うもの。

ゲストは、地元でキャバレー・ショーを行ってる人が中心なので、当然うまいです!

って、昔、一緒にキャバレー・ショーをしてた女性が今日は会場に来てます!なんて言って「お母さん、がんばって!」なんて掛け声とともに登場して、一緒に歌ったり、ジェイムス君と交遊のあるシンガーが飛び入り参加したり、いろいろなタイプの曲が聴けたのも、よかった。

トークも面白かったけど、それぞれの歌が、けっこう聴かせてくれて、感動。

全体に、ゲストのみんなも打ち解けた感じで、実にアットホームな雰囲気。

この日のメインゲストは、ボブ・ダウン/Bob Downe

ま、地元ではけっこう有名なコメディアンです。

a0030752_21224354.jpg


って、同じくマルディグラの公式イベントで、彼のショーもあって、けっこう広いシアターでショーを開くほどの人気。

当然、トークは大爆笑もので、かなりウケていました。

行く前は、どうかな?

なんて思っていたけど、Joeも自分も大満足!

このショー、定期的に行われているようなので、また、機会があればゼヒ行きたいね、と。

って、隣の席の女性から「1人じゃ食べ切れないから」って、フレンチ・フライもらったり、観客もホノボノしたアットホームな雰囲気でした。

THE JAMBLES RAMBLE SHOW
[PR]

# by funnyfelix | 2014-03-19 21:19 | Mardi Gras 14

体験!30分でわかる、HIV/エイズ検査

マルディグラのパレードでも紹介した、シドニーのHIVのサポート団体ACON(AIDS Council of New South Wales)。

HIV撲滅のため、様々なイベントや活動を行っている。

で、その1つが無料のHIV/エイズ検査。

ちょうどマルディグラの時期に合わせて、パレードのコースにもなっているオックスフォード・ストリートで、結果がその場でわかるHIV/エイズ検査を期間限定で行っている。

で、行ってきました!

場所はテイラー・スクエアーの近くで、期間限定といえど、内部はオレンジを基調としたインテリアで、お洒落な感じ。

a0030752_17134557.jpg



やはり、「大丈夫だ」とは思いながらも、検査の前は緊張するもの。

スタッフの人たちがフレンドリーで、リラックスした雰囲気の中での検査でした。

まず、コンピュータ画面に、自分で連絡先などを入力。

メディ・ケア(国民健康保険)を使うこともできるし、使わなくてもOK。検査結果は、メディ・ケアに通達はされません。

後で、スタッフの人に聞いたけど、この検査の目的が「ゲイ男性に対する調査」であるので、ゲイ男性であれば、誰でも(旅行者でも)、無料で検査を受けることができます。

で、今回受けたのが、結果がその場でわかるHIV検査と、さらに、結果に1週間かかる梅毒、C型肝炎、クラミジアや淋病など性病全般に関する検査。

まず、その30分(実際にはもっと短時間)でわかるHIV検査は、指先に針のようなものでプチュとして、血液を1、2滴スポイドで吸い取り、それを試験皿のようなトレイにたらすもの。(痛みはほとんどナシ!)

ほんと採血は、1分程度です。

マルデグラのパーティー、行った?」なんて話をしているうちに終了。

で、性病全般に関する検査は、尿のサンプルと、肛門に綿棒を挿入!

って、その場で行うわけではなく、近くのオックスフォード・ホテルのトイレで、自分で。(今回の場所にはトイレがないので)

尿のサンプル用のカプセルと、長めの綿棒を渡されて各自で移動。

で、それらを持ち帰ってから、腕からの血液の採集と、口をあけて喉のあたりを綿棒でグリグリ。

その頃には、先に行った指から採血した検査結果がでているので、それを聞いて終了。

結果はネガティブ(陰性)。

ホッ

で、性病全般に関する検査の結果は、携帯のテキスト・メッセージで送られてくる。(これは、最初のコンピュータ画面の入力で選べるようになっている)

全ての検査、ほんと30分ほどで終了。

1週間後に携帯に送られてきた検査結果も、すべて問題はなく、一安心。

今回は、ついでに性病全般に関する検査も行ったけど、結果がその場でわかるHIV検査のみなら、指先からの採血、それもほんの1、2滴で、結果もすぐわかるので、あっと言う間に終わりそう。

自分は、予約も無く飛び込みで行って、運良く待たされることもなかったけど、サイトから予約もできるので、行く人はまずはサイトを見てください。

Temporary Free Rapid HIV Testing
期間:2月10日〜3月22日(あと約1週間です)
場所:118 Oxford St., Darlinghurst
時間:11am - 7pm (月 - 土)

詳しくは、ココをクリック!

それにしても、昔から比べると、随分と便利になりました。昔は、結果を聞く為にわざわざ1週間後に病院に足を運んだり、検査の結果を待つ1週間がやたら長く感じたり…

無料だし、検査も簡単なものなので、今まで検査をしたことのない方など、この機会にぜひ。

せっかくなので、自分のように性病全般に関する検査もぜひ。
[PR]

# by funnyfelix | 2014-03-16 17:18 | g-news

えーい、ついでだ、行っちゃえ!リカバリー・パーティー/Wonderland

こちらでは、マルディグラのパーティーの後に、リカバリー・パーティーって呼ばれるダンス・パーティーがアリ。

って、ダンス・パーティーの後の、さらなるダンス・パーティー!

ま、今年もソールド・アウトとなった「The Laneway」なんかもそう。

で、今年のリカバリー・パーティーの中でも大きなパーティーだったのが「Wonderland」

場所は、ルナ・パークで、昼過ぎからスタートのデイ・パーティー。

が、これが、チケット売れてなかったよう…

直前になって、チケット1枚に対して、特別にプラスもう1人入場可!

なんて前代未聞のアナウンスがあったり、

またまた直前に、会場の変更のアナウンスがあったり、かなりドタバタしてた模様。

結局、マルディグラのパレード翌日の日曜の午後2時から、

場所は、シティー中心の「ivy」に。(ここ、屋上にプールがあって、マルディグラのプール・パーティーの会場でもアリ)

で、行ってきました!

って、パレード、パーティーと、さすがに疲れ果てて、夕方までしっかり休みを取って、夜の8時ごろ…

会場となっている「ivy」、メイン道路のジョージ・ストリートに面しているんだけど、もう音がズンズンドンドンと道路まで聞こえていて、道行く人が「何事?」ってビルを見上げている…

で、中に入ると…

a0030752_215132.jpg


スレンダー系のマッチョの方々!

やはりマルディグラ・パーティーと比べると、圧倒的に年齢層が低い!

で、意外にアジア系が多く、一角がアジア・フロアーみたいになっていた。

ま、さすがに踊る元気もなく、ビール2杯飲んで、とっとと帰ってきました。(やっぱ、歳ね)

今回は雰囲気を楽しんだだけ。

にしても、ダンス・フロアーもびっちりの人で、みなさん翌日の月曜日は「病欠」ですか?ってほどの盛り上がり。

はー、踊りはしなかったけど、最後にしてようやくマルディグラを目一杯楽しんだ、って感じ。

なんか「怒濤のマルディグラ週末」って感じでした。


で、マルディグラのレポートが全て終わったら、トップ画像も変更しようと思ってたけど、ちょっとまだ少し続くので、先日のパーティーのショーの写真に差し替え。

あと、マルディグラのイベント2つぐらい紹介して、通常に戻ります。

ちょっと長くなったけど、もうすぐ今年のマルディグラ・レポートも終了です。
[PR]

# by funnyfelix | 2014-03-13 21:55 | Mardi Gras 14